2008 酒サムライ きき酒会(京都伏見)

年に1回行われる、酒サムライのきき酒会。
総勢約300種もの、各酒蔵の自信作、新作が取り揃えられた
きき酒会である。
なんと1000円の参加料で、この酒どれもが、きき酒し放題。
無類の日本酒というより、酒好きの俺が見逃さない手はない。
京都、伏見まで行ってきました。

酒サムライ きき酒会

会場は2つに分けられている。
主に2000円未満と2000円以上という値段で分類されているのだ。
やはりいい酒から飲んでいきたいよねってことで、
2000円以上、特殊系が揃えられた、「夢百衆」会場から突撃。

酒サムライ きき酒会

古酒ときき猪口。
酒サムライ きき酒会

この「きき猪口」はいただいて帰れます。
記念にいいですよね。
特殊系には古酒が多くありましたが、女性むけの低アルコールにした、
飲みやすいものもありました。

お酒はこういう感じで並べられています。
酒サムライ きき酒会

瓶には番号がふられ、その前にその酒が入ったコップとスポイト。
自分のきき猪口にスポイトでいれる方式。
手軽に素早くするにはこの方式であろう。

その出品リストはこんな感じで纏められています(クリックで拡大)。
酒サムライ きき酒会

こちらが特殊系の軽いの。
酒サムライ きき酒会

低アルコールや微発泡系が並べられている。
中でも宮城の酒蔵「角星」がだしている「まなみ」が飲みやすくて、
気に入った。


★低アルコールといえば同じ宮城、一ノ蔵のこいつですな★

このあたりは古酒。
酒サムライ きき酒会

2000円以上は、純米大吟醸が多い、この値段帯ではどれもが美味しい~
辛い、甘いの違いはあれど、どれもがほぼ奥深いです。

さあ、場所を移動しましょう!
なぜ2会場に分けられているのかはこれ!
酒サムライ きき酒会

ちょうど「寺田屋」がこの会場間にあるんですね~
観光も兼ねて、ぶらぶらとこの辺りを散策できるようにとの、
配慮なんだそうな。

もうひとつの会場、「昭和蔵」に辿り着きました。
酒サムライ きき酒会

こちらの会場は会議室を利用しているんですね。

こちらの会場は2000円未満の酒がずらりと置いています。
酒サムライ きき酒会

こうやって見ると、安めの日本酒の瓶は緑が多いなって印象。
最初は1番(1番安い酒714円)から飲んでいたのですが、
さすがに前の会場で純米大吟醸ばかり飲んでいた舌では、
なかなか美味しい酒に出会えず、途中で挫折しました(^^;)

けど、こちらはインターナショナルワインでゴールドメダルを受賞した
酒のみをピックアップしたコーナーがあります。

その中でもこれ!
酒サムライ きき酒会

達磨正宗、1979年にできた、ビンテージものです。
30年もの間熟成させたその日本酒は、これ瓶の色やないですよ、
醤油に近いその色合いにもびっくりしたが、その値段も!!
1本31500円もするのだ、まさに値段もびっくりである。
古酒はあまり好きではない俺ではあるが、その味わい深い、
奥のあるまろやかな味には舌を巻いた。

最後のほうには、酔いで舌の感覚も甘くなり、
どれ飲んでも同じ、辛いの飲んでも、甘いな~ってのたまう始末(^^;)
きき酒どころではなくなりました。
しかし、さすがにこれだけの日本酒と向かい合う機会は
なかなかないので、非常にいい経験ができて楽しかったです。

↓お勧めリンク↓

★達磨正宗も10年ものならこの値段で買えます★

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://bkyugourmet.blog.fc2.com/tb.php/985-274a13b9