居酒屋 クラスノ(大阪大正)

ここのお店の評判は以前からよく聞いておりました。
古くからのよき大衆居酒屋が、今でもその当時のまんまで体験できる場、
それがここ「クラスノ」です。
居酒屋としては珍しい名前ですよね。
大将がシベリア抑留経験があるため。ロシアの都市「クラスノヤルスク」から
名づけられたそうです。
大正ってなかなか行く機会のない街なんですよね。
強いて挙げれば、大阪ドームに行く際に使う程度かな。
俺って野球はあんまし見ないし、ロックライブも振動問題で、
大阪ドームでの開催は禁止されたりで、全然行かなくなりました。
しかし今回ここ「クラスノ」を訪れる為だけにこの地に降り立ちました。

やはり店の佇まいが最高ですな。こういう外観は俺大好きです。
kurasuno0.jpg

平日の午後8時過ぎに行ったが、店内は既に満員状態・・・
kurasuno2.jpg

この店がどんなに愛されているかがわかります。
また各自の滞在期間が長いですね~私らがいる間に帰った客がほとんどいない・・・
それだけ居心地がいいんでしょう。
カウンターは満席状態で、入り口すぐ傍の補助テーブルみたいなところしか
空いていませんでした。

うーーん、この位置からは壁のメニューが端っこの方しか見えない・・・
カウンターにはメニュー表があるんですけど、この補助テーブルにはないです。
頼むもんに困りました。
まあ、最初から、「出し巻き卵」(260円)と「くわ焼きお任せコース松」(630円)に、
するつもりだったんで、まあメニュー見んでもええんですけどね。
ただ、やっぱりこういう居酒屋は、どういうアテがあるんかなあってメニュー眺めるのが
楽しみとちゃいます?
その楽しみが一つ削られて残念です。

それからここ、焼酎おいていないです。これまた残念。
なので、酎ハイもできません。
ビールか酒かって選択になってしまうんよな~
私はビールは前2店で飲んできたので、日本酒冷やで、連れは生中を頼む。
(値段はメニューが見えないので分からずじまいです)

ま、とにかく食いましょう!
kurasuno1.jpg

まず付きだしが出されました。
こういう大衆居酒屋で付け出しが出てくるのは珍しいですね。
この話はまた後で・・・

さあ、これが「出し巻卵」(260円)です。
kurasuno3.jpg

でかいですね~普通の居酒屋の倍の大きさはあります。
では、一口・・・お!!何!この旨さは!!
驚嘆しましたなあ~、卵焼きって、まあ日本人なら誰でも色々食べてきてますよね。
これ、今まで食った「卵焼き」「出し巻」の中で、最高の旨さです。
ダシが非常にええんですよ、ちょっと甘めのダシがすごくいい。
それに、ふんわりした焼き加減の卵焼きなんで、もうすごいとしかいいようがありません。
これ食っただけで、今日ここ大正に来てよかったと思いました。

満足、満足♪そんじゃ、おあいそ・・・
いやいや、まだ「くわ焼き」がありますです。
まずこれがコース最初の一品サラダです。
kurasuno4.jpg

これはちょっとドレッシングが気に食わなかったですね。
クリーミーなだけなんですよ。
酸っぱみがあるフレンチドレッシング使うか、もしくはマヨネーズにして欲しかったです。

そしてコースの串・・・
kurasuno5.jpg

「肉詰めレンコン」と「えのき豚肉巻き」そして「手羽先」です。
私は「えのき豚肉巻き」を食いました。そして手羽先。

「ささみシソ巻き」に「イカ」そして「肉詰め茄子味噌田楽」「牛肉」です。
kurasuno6.jpg

この8本とサラダがついて、630円ですよ!
すごいCP高いですね。
ただ串には、出し巻きほどの感動は得られませんでした。
このレベルの串なら、焼き鳥の旨い店に行けば食べられるレベルかな。

途中で、2人とも、凍結酒にスイッチ。
kurasuno7.jpg

これは確か480円やったと思います。

これで、おあいそ、2800円(1人1400円)でした。
安いですね~お通しはサービス?だったんでしょうか。
全然、支払い値段に入っていないように思います。
ええ雰囲気はカウンターに座ることができず、味わうことはできませんでしたが、
カウンター座ったらホント長居してしまいそうな雰囲気わかる気します。
次回是非カウンター座りたいですね。

住所:大阪市大正区三軒家東1-3-11
電話:06-551-2395

[ 2006/07/23 16:16 ] [B級グルメ]居酒屋 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://bkyugourmet.blog.fc2.com/tb.php/596-f7f3531d