月10万円で豊かに暮らせる町&村 Part4

本気で移住を考えている視聴者として、一番必要な情報源は
3原則の「衣食住」であると思います。

まず、衣に関しては、日本どこに住んでもほぼ同じでしょう。
問題はその「居住」をどうすべきか?
「食べる」ための収入はどうすべきか?
この2点に絞られます。

田畑を耕して、生計をたてるにしても、農業経験のない人間がぽっと移住して、
うまく米や野菜が作れるわけありません。
今回の3位に登場された方も、田んぼで米を作ってはみたが、買ったほうが
安くついたと言っておられました。

これから移住を考えられる方も、その土地に移住していかに生計をたてるか、
明確にいくら儲けられるかということを具体化してから、移住を考えたほうがいいでしょうね。

●5000坪の絶景を庭にできる村
長野県・青木村
山全部が自分の土地、一坪2000円。
ヤギの飼育で乳しぼりでパン・チーズ作り。
部屋の一部を改装しペンション経営。
車がなければ生活はできない、ゴミ捨ても車を使用。
この方も色々試行錯誤されて移住されてから、努力されていると思います。
しかし山1つが自分の物とはうらやましい限りです。

●英国暮らしが似合う町
石川県・輪島市
ネットで格安空き家情報を提供してくれる
http://www.wajima-city.or.jp/akiya_db/
敷地170坪、離れつきで家賃1万円。
海が近いのでスーパーでの海鮮物が格安。
今回出演されたはイギリス人の方で、奥さんが輪島塗の職人さんでした。
やはりこういう収入がないと、この地では難しいでしょうか。

福島・貝泊地区
3000坪の畑も無償。
月5000円の3LDK。
地区上げて移住者を募っているほど、過疎化が激しいみたいです。
小学校は、今回移住者として出演されたお子さん二人だけらしいです。
ですので、すごく歓迎されるみたいですよ。

●海の幸食べ放題、Dr.コトーの島
鹿児島・下甑町 2LDK8000円
海の幸盛りだくさん、伊勢海老みそ汁やカサゴの煮付けなど
ご主人は漁師で生計を立てているため、一食100円程度で食べられる。
あと漁協の手伝いで他の食材を入手できる。
この方は東京では釣り雑誌のライターから漁師へ転職されたそうです。
しかし転職にあたっては、色々コネと努力があったと私は思いますよ。
[ 2005/06/02 14:54 ] [B級雑記]B級生活推進 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://bkyugourmet.blog.fc2.com/tb.php/452-51818f78