鯛のあら煮定食 浪花炉端「八角」(大阪千里中央)

さて、今日の昼ごはんは何にするか、物色していたら、
どうも油物はイマイチ、麺類も食いたかねえ・・・寿司あたりがいいかとも
思ったが値段高すぎ。
というわけで和食の魚料理定食にしようと思い立つ。
そこでやってきました、千里中央の有名居酒屋、「浪花炉端 八角」です。

店の前の陳列棚には、魚類は秋刀魚と鯖が焼き魚で定食(660円)になっているが、
それより目がいったのは、鯛のあら煮定食(530円)。
うん、煮物か~しばらく食べてないし食べたいなあ~アラといっても鯛やからうまい
やろな~と頭に描きつつ、決定!安いしね!

さて注文し、お盆の上に盛られてやってきました、私の鯛ちゃん!頭だけだが・・・
hakkaku.jpg

身を突付きつつ、ご飯をほおばる。うん、うまい。
しかし、この頭だけではさすがに身がついてないぞ。。。
しゃあない、ポテトサラダもおかずにするかと口の中に入れたら・・・
きゅうりだ・・・私が唯一苦手としている食い物が「きゅうり」なのである。
これはご飯のおかずにはできないなというわけで、鯛の頭を解剖することにする。
しかし、どうやっても骨ばかり・・・

鯛のあら煮はご飯のおかずじゃないですね。
日本酒をちびちびとやりながら、身をほじくりだし口にするのが合う料理です。
また今度、夜の居酒屋タイム時にでも単品で頼みたいと思います。

浪花ろばた 八角 北千里店 (なにわろばた はっかく)
[ 2005/04/14 20:04 ] [B級グルメ]定食・ランチ・カフェ | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://bkyugourmet.blog.fc2.com/tb.php/415-f47e643e