お好み焼き 鶴橋風月(大阪スパワールド)

前回、ラストオーダー時間に間に合わずに、涙を飲んだ「鶴橋風月」のお好み焼き。
今回は早めに20時過ぎに行くと、待ち時間なしに座れた、しめしめ。
私は迷わず「ぶた玉モダン」(790円)を注文。
我輩はお好み焼きにそばが入っているモダン焼きが大好きである。
アーモンドグリコの「一粒で2度おいしい」ではないが、「一枚で2度おいしい」
お好み焼きとそばの2種類の味が楽しめるのがたまらなくよい。

ここは店員が目の前の鉄板で焼いてくれるシステム。
このお好みの具だがキャベツがほとんどである。原価はかなり安いでしょうね。
その生地と豚とキャベツとタマゴがある程度焼けたところで、麺が上に乗せられる。
そしてひっくり返して、ソースとマヨネーズを塗って出来上がり。
出来上がるまで10分ちょっとかかるので、その間はちーっと手持ち無沙汰である。

turuhasifuugetu.jpg

さて味を堪能、焼けたキャベツが香ばしくてうまい。
しかしそれよりもなによりも絶品なのは麺。
艶やかでコシのある、しゃきしゃきの太め麺なのだが、これがすごくいい。
この麺がどこかで売ってるのを知ったならば、
是非購入して、大盛り麺のモダン焼きを自分で作るであろう。

お好みと麺、両方別々に、または融合した味、3種類の味を堪能し、リラックスルームへ戻る。
よき満腹感だ。
[ 2005/04/07 11:43 ] [B級グルメ]大阪の味 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://bkyugourmet.blog.fc2.com/tb.php/409-d23837f7