お好み焼き 千房(大阪千里中央セルシー)

今日のランチは既に朝から決めておりました。
お好み食うど~!!です。

となると千里中央では、ここですな。
大阪の有名店「千房」である。

tibou0.jpg

昼下がり、午後3時のランチになってしまったが、
ランチは16時までやってくれているとはありがたい。
tibou1.jpg

以上の890円ランチメニューから、モダン焼き好きの私はもちろん、豚玉モダンのご飯・味噌汁セットにした。

しかし、お好み焼きって出来上がりまで時間がかかりますね~
店にすぐ出せるメニューって、メニュー表を作っているのも分かります。
よーくお客さんから「まだか~?」って言われるんでしょうな。
10分ちょっと待ったかな?
ようやく出来上がってきました。
tibou2.jpg

ん?結構小さいぞ。ランチメニューやからちっさいのでしょうか?
それとも通常でもこの大きさ?
「鶴橋風月」とかと比べると一回りはちっちゃい。

tibou3.jpg

ま、それでも味がよければええわとコテでゴリゴリ切って、
皿に盛って、いただく。
うーーんチョー待て、これを大阪の味やと思って、
観光客が食ったら笑われるぞ、大阪人はどんな舌してるねんて。

tibou4.jpg

中の麺はお好みと同化してしまって、何の味かわからんし、
なにより、一番のお好み焼きの命である生地がどうにもダメ。
全然お好み焼きにふわっとした感覚がないのだ。

これが「鶴橋風月」なんかだと生地にふわっと感があるし、
そしてなによりもそばがつるつるしこしこでめっちゃ旨い。

うーーんチェーン店のお好み焼きは「風月」ばかり食っていて、
千房がこんなに俺の舌に合わないとは思いませんでした。
あ、おまけの「ご飯」と「味噌汁」・・・・
tibou5.jpg

コメントなしです、以上、終わり。

[ 2006/07/17 15:25 ] [B級グルメ]大阪の味 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://bkyugourmet.blog.fc2.com/tb.php/383-79f3b475