串かつ 松葉総本店(大阪新梅田食道街)

大阪で串かつというと「新世界」であるが、ここ「梅田」でも、串かつの名店がある。
立ち食いで手軽に串かつが食べられる「松葉」である。

matuba0.jpg

今回、一番広い新梅田食道街にある「本店」にやってきた。
カウンターには50人くらいは並べる広さ。
そしてテーブルが何箇所かにおかれている。

まずは串かつにはビールやんねと生中(450円)を注文。
このあたり立ち飲みにしては高いがまあ仕方あるまい。

ここが新世界の串かつと比べて、違うのは「通し揚げ」ではないこと。
つまり注文を受けてから揚げるシステムではないのである。
あらかじめ揚げられた串かつがご覧のようにカウンターに置かれている。

matuba1.jpg

これを好きに取っていいわけだ。
ないものを注文することも可能であるが、別のところからまず探してきて、
それを持ってくる。
それでもなければ、また同じものを大量に作り置きするわけである。

天ぷらや串かつは揚げたてを食いたい私は、
絶対カウンターの上のもんには手をだしません。
敢えて、揚がって置いていったものをすぐにいただく。

今回いただいたのはうずらの卵(100円)、海老(120円)、牛肉(100円)の3串。
matuba2.jpg

これを「ソース2度つけお断り」のソースの中へたっぽりつけていただく。
味はどれもおいしいですね。海老もこの値段でなかなか頑張ってると思うし。
牛カツの肉も大きかった。
また横にはキャベツが食べ放題でおかれており、このさっぱり感が、
串かつで油だらけの口の中を拭ってくれる。

合計770円のおあいそ。
各串の単価は串の長さで計算してるようですね、海老は長い串でした。
ただ、立ち飲みにしては3串、ビール1杯でこの値段は少し高いかな・・・

[ 2006/07/18 23:56 ] [B級グルメ]大阪の味 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://bkyugourmet.blog.fc2.com/tb.php/381-f1a2fc26