立ち飲み なかを(大阪片町)

立ち飲み屋と言っても、ここは萩之茶屋なんぞの立ち飲みとは全然雰囲気が違う、
見た目はネオンサインが派手な、酒屋さんって雰囲気である。
酒屋併設の立ち飲みとしては、非常に個性的な「なかを」である。

nakao1.jpg

前店を出て、天満橋で連れと合流し、中へ入る。
中は仕事帰りのサラリーマンばかりで、非常に明るい雰囲気。

そして、ここのシステムはセルフ方式。
瓶ビールや小鉢類は自分で取ってくる。
また、日本酒、焼酎、刺身などは店員に頼むのだが、
その会計は客任せなのだ。
テーブルにおいてある、伝票の各値段欄に、
取ってきたものを「正」の字を書いて記すのである。

まず、芋焼酎「宝山」(200円)を注文。
そして、冷ショーケースより、「かますご」(150円)と「新子」(100円)をとってくる。
nakao2.jpg

テーブル上に置いてある、旭ポンズをちょろっとかけて食うのだが、
非常にこのポンズがうまい!私は、大根おろしにこのポンズかけたものだけでも、
焼酎3杯は飲めると思うくらいに、柑橘系スダチ・ユコウ・ユズの味わいが心地よいのだ。
あ、もちろん、「かますご」も「新子」も旨かった。
今度この「旭ポンズ」買ってみるぞと心に決める。

そして、ここは刺身もうまい、瀬戸内海産の魚が高松から直送で送られてくるのだ。
その中から、今回、「チヌ(黒鯛)の造り」(350円)をば。
nakao3.jpg

それと今度は地酒呉春(300円)をいただく。
このチヌは非常に身がしまっていておいしかったのだが、若干すじがあったのが残念。

あとは、連れが仕事終わりで腹へったというので、
腹持ちがよさそうな、サツマイモを煮付けたもん(100円)をいただく。
nakao4.jpg

あ、それから私はそば焼酎「珠玉」(200円)を追加。

2人で合計5杯飲んで、食い物4品で、おあいそいくらでしょう?
1900円である。
いやー私は3杯飲んでるのに、せんべろいっていないのには驚きました。
このコストパフォーマンスの高さにはびっくりです。

住所:大阪市都島区片町1-6-22
電話:06-6352-2778

[ 2006/04/26 03:23 ] [B級グルメ]立ち呑み | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://bkyugourmet.blog.fc2.com/tb.php/377-7b40d6c9