弾丸フェリー0泊3日の旅 鹿児島志布志からとんぼがえり(2013年9月)さんふらわあ最終日3日目帰路

大阪南港に戻る時間も、寝てるとすぐに経ちますね。
この帰路も、同じくツーリストベッドの部屋です。
「弾丸フェリー0泊3日の旅 大隅半島滞在わずか6時間・・・」の記事はこちら!

弾丸フェリー0泊3日の旅 鹿児島志布志からとんぼがえり(2013年9月)さんふらわあ最終日3日目帰路

この狭い空間で寝るんは、カプセルホテルでも全然苦にしない私なので、
秘密基地感覚があって、好きなんですけど、暑いのだけはね~
この日も皆さん、カーテンあけっぴろげしてました(私もですが)。
あと車中泊と比較すると、ちと狭いし、ワンセグテレビも見れないし、
ネットもできないし、ちょっとした物音たてるにも気を遣う。
なので、旅はワンボックスでの春秋車中泊旅が一番快適との結論です。

3日目の夜明け。
弾丸フェリー0泊3日の旅 鹿児島志布志からとんぼがえり(2013年9月)さんふらわあ最終日3日目帰路

このさんふらわあは、サイドにオープンデッキがあるんですけど、
外洋に出ると、その風速はすさまじいですね。
ホンマ、柵のそばで、ちょっと足すべらせたりしてると落ちそうになり怖い。
暗い夜の海に落ちては死にたくないわ。

では再び、船内をご案内します。
弾丸フェリー0泊3日の旅 鹿児島志布志からとんぼがえり(2013年9月)さんふらわあ最終日3日目帰路

この往復、頑張って機関の排気をしてました煙突。

こちらが、雑魚寝のツーリスト(2等)。
弾丸フェリー0泊3日の旅 鹿児島志布志からとんぼがえり(2013年9月)さんふらわあ最終日3日目帰路

そして、大部屋の和室です。
弾丸フェリー0泊3日の旅 鹿児島志布志からとんぼがえり(2013年9月)さんふらわあ最終日3日目帰路

なぜか往路はこちらの和室、一人の方が独占で、テレビみとりました。
空いてたら、休憩所にしてもええんかな?

こちらがレストランのメニュー。
弾丸フェリー0泊3日の旅 鹿児島志布志からとんぼがえり(2013年9月)さんふらわあ最終日3日目帰路

っていうか、夕食朝食ともにバイキングなんですけどね。

お値段は大人、夕食が1500円、朝食が600円です。
弾丸フェリー0泊3日の旅 鹿児島志布志からとんぼがえり(2013年9月)さんふらわあ最終日3日目帰路

今回、私は利用しなかったので、デッキの窓から、中の風景を撮影。
弾丸フェリー0泊3日の旅 鹿児島志布志からとんぼがえり(2013年9月)さんふらわあ最終日3日目帰路

バイキング好きなので、朝食でも利用しようかな~って思ったんですけどね。
弾丸フェリー0泊3日の旅 鹿児島志布志からとんぼがえり(2013年9月)さんふらわあ最終日3日目帰路

しかし、見て下さいな、この行列・・・
こんなに並んでまでは食いたくはない。
繁忙期は避けたほうがええでしょう。

あ、そんでテイクアウト持込派には朗報。
弾丸フェリー0泊3日の旅 鹿児島志布志からとんぼがえり(2013年9月)さんふらわあ最終日3日目帰路

ちゃんと電子レンジあったんですよ。
往路のとんかつ弁当は、これで温めました。

あと、ゲームセンターに・・・
弾丸フェリー0泊3日の旅 鹿児島志布志からとんぼがえり(2013年9月)さんふらわあ最終日3日目帰路

お土産物コーナー。
弾丸フェリー0泊3日の旅 鹿児島志布志からとんぼがえり(2013年9月)さんふらわあ最終日3日目帰路

なんか夜にイベントでもあるかなと思ったんですが、なにもなく。
ネットも繋がらないし、ホント寝る時間だけがありました。

大阪湾に突入しております。
弾丸フェリー0泊3日の旅 鹿児島志布志からとんぼがえり(2013年9月)さんふらわあ最終日3日目帰路

天候には恵まれましたね。

そして、大阪南港かもめ埠頭に、朝7時40分に到着。
弾丸フェリー0泊3日の旅 鹿児島志布志からとんぼがえり(2013年9月)さんふらわあ最終日3日目帰路

3日間も旅してた気が全然しませぬ。

このまま自宅に帰るのも、もったいないので・・・
弾丸フェリー0泊3日の旅 鹿児島志布志からとんぼがえり(2013年9月)さんふらわあ最終日3日目帰路

朝ラーメン。

そして、イタリアンランチして帰宅です。
弾丸フェリー0泊3日の旅 鹿児島志布志からとんぼがえり(2013年9月)さんふらわあ最終日3日目帰路

弾丸フェリー0泊3日の旅 鹿児島志布志からとんぼがえり(2013年9月)さんふらわあ最終日3日目帰路

弾丸フェリー0泊3日の旅 鹿児島志布志からとんぼがえり(2013年9月)さんふらわあ最終日3日目帰路

弾丸フェリー0泊3日の旅 鹿児島志布志からとんぼがえり(2013年9月)さんふらわあ最終日3日目帰路

最後に、この弾丸フェリーの総評をいたします。
まあ船酔いに弱い方には拷問でしょう。
穏やかでも太平洋上は結構、波の揺れがあります。
(私は常に酔っ払ってフラフラしとりますので、船酔いには強いみたい^^)
あと、観光するにも、繁華街のある鹿児島市までだと、
ホント往復するだけくらいの時間しかないし、夜も徘徊できませんしね。
私のようなグルメ好きが食べ歩くにはきついな。
向いてるとすれば、純粋にフェリーでの船旅が好きで、
風景写真を撮ったりするのが好きな方向けでしょうか。
(九州最南端の佐多岬も行動範囲内ですよ)

私の場合は、あくまでフェリーは移動手段の一つ。
それも自分の車乗せて、遠くまで一気に寝てる間に移動できますからね。
新日本海フェリーなんて、往復含めて3回乗っておりますが、大好き。
新日本海フェリー「あかしあ」の記事はこちら!

ってことで、この弾丸フェリーの次回利用はないかな?
しかし今後も愛車を連れてのフェリー旅は、また確実にやるでしょう。
待ってろよ、北海道!

おすすめリンク
フェリーボートで行(い)こう!
フェリーボートで行(い)こう!
[ 2013/11/03 00:00 ] [B級旅行・温泉]日本行脚 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://bkyugourmet.blog.fc2.com/tb.php/2697-8ab3f641