立ち飲みホルモン マルフク(大阪西成新今宮)

ここも西成界隈の安いホルモン屋としては有名な店「マルフク」である。

marufuku0.jpg

まずは店に入り、生ビール小(150円)をいただく。
これはプラスティックカップで出されるので、そんな大した量ではない。
私らはそれまで、結構飲んできたので、その量でも申し分なかったが、
普通に飲み食いしようと思えば、大を頼むべきであろう。

それにプラスして、ここマルフクは「豚足の煮込み」(200円)
が旨いとの評判であったので、それを注文。
marufuku1.jpg

いやーこの煮込みはめっちゃよかったですね~、トロトロに煮込まれており、
身がボロボロと骨から剥がせるのである。
また、案の定、その甘辛く煮込まれた肉は口の中で絶妙にとろけるのである。

それにプラスしてホルモン(100円)も注文。
marufuku2.jpg

これは豚の腸の部分でしょうな。
ここはご覧のとおり、皿に盛られるわけでなく、豆腐を入れるようなプラスティック容器に
盛られて出される。これを串につっついていただく。
これまたB級チックで、B級グルメ人間の私には堪らんわいな。

合計2人で、600円のおあいそ。
先に紹介した「やまき」と同じく、ひいきにしたいホルモン焼きの立ち呑み屋である。
[ 2006/03/09 15:45 ] [B級グルメ]大阪の味 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://bkyugourmet.blog.fc2.com/tb.php/268-fcb82899