ホルモン道場(大阪西成萩之茶屋本通商店街)

萩之茶屋本通商店街に位置するホルモン道場」。
ここは新世界ジャンジャン横丁にある「ホルモン道場」の姉妹店であるようだ。

horumondoujyou0.jpg

ただ場所柄、立地条件からか、こちらの方が値段設定が安い。
盛り合わせ、アブラ、ツラミ、ミノなどのホルモンは本家が450円なのに対し、
こちらは350円である。
また生キモも同様に本家が450円なのに対し、こっちは350円と割安。

連れと2人で店の奥へ突入~、ここは1直線カウンターのみのシンプルな構成だ。
本日は西成界隈を色々廻ろうと思っているため、瓶ビール大(450円)と、
アブラ(350円)と生キモ(350円)をいただく。

まず「生キモ」が到着。
horumondoujyou2.jpg

ディープな土地柄、生ホルモンはどうか・・・って思うが、生キモ好きで、
この値段で食えるとなると頼むしかないであろう。
これがなかなかどうして!新鮮さがあるのかうまいのだ!

そして「アブラ」・・・どっさりモヤシの上に盛り付けられてあるぞい。
horumondoujyou1.jpg

このアブラはここホルモン道場では人気の品であるが、
以前、本家ホルモン道場でも食ったことがある。
舌の付け根の部分の肉である。
その名の通りアブラ身の多い肉であり、噛めば噛むほど、アブラが沁みだしてくる。
アブラ身の多い肉は、好きな俺ではあるがあまり感動感はなかった。
しかしなんせ350円という値段設定を考えると、この量は非常にお得感がある。

合計1150円でおあいそ。
本家の値段設定が俺は高いと感じていたので、この萩之茶屋の店は、
非常にお得感が感じられた。
新世界ジャンジャン横丁の本家は、有名串カツ「八重勝」や「てんぐ」と同じ通りにあり、
誰でも入れそうな雰囲気があるが、こっちは人を選ぶ。
女の子連れではそのディープさから、絡まれる可能性がありダメ。
ただ男同士の連れ、また男1人酒で、牛肉ホルモン焼きをアテに、安く飲むなら絶対ここだ。

[ 2006/03/07 17:07 ] [B級グルメ]焼肉・焼き鳥 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://bkyugourmet.blog.fc2.com/tb.php/265-2d38851d