酒処 たなかや(和歌山)居酒屋

その日は和歌山市街地で飲み。
しっかし、大阪であちこち安い居酒屋、立ち呑みを巡っている私には、
どうにも興味を惹かれる店が、和歌山市にはないですね。
そんな中でも、興味を惹いたのは、母体が酒屋さんの居酒屋。
多少は安いかなと、酒処「たなかや」より本日の飲みを開始しました。

酒処 たなかや(和歌山)居酒屋

見た目、「田中酒店」って書いているように、
一見、酒屋の角打ちのように見えますけど、
中は、全席椅子があります。
入って右側にはテーブル席がいくつかあり、左側がカウンターです。
金曜夜ってのもあり、テーブル席は予約されてましたね。

まあ、酒屋ですから、ドリンクは安いでしょう。
酒処 たなかや(和歌山)居酒屋

もう1枚。
酒処 たなかや(和歌山)居酒屋

瓶ビール大で450円ですから、まあ大阪値段から比べると高い。
ただ、瓶も生もエビスが同じ値段で飲めます。
そりゃエビスいっとかなでしょう。

これは既に2杯目、エビスでも琥珀をいただきました。
酒処 たなかや(和歌山)居酒屋

久しぶりにエビスを飲んだ気がします。
うん、ノーマルも琥珀もコクを感じるよな~
基本、キリンではラガーに一番搾り、サッポロは赤星ラガー、
そしてサントリーはプレモル。
それにこのエビスと、私の好みは共通していると思います。

さーて、アテどうしましょうか。
酒処 たなかや(和歌山)居酒屋

もう1枚。
酒処 たなかや(和歌山)居酒屋

酒屋っていうより、普通の居酒屋なみのメニューの豊富さですね。
値段も居酒屋やと思えば平均的。

そんな中いただいたのは、四万十鶏たたき(400円)。
酒処 たなかや(和歌山)居酒屋

ブランド鶏の名前がついてて、生肉好きな私はこれをチョイス。
弾力はありつつ、また柔らかさも兼ね備えている地鶏で、
これは旨いですね。

もうひとつ、同行者チョイスの牛すじどて焼き(400円)。
酒処 たなかや(和歌山)居酒屋

居酒屋の定番品で、こういうの食べると、
その店の味付け度合いが分かりますが、
ここのはラー油を入れているのか、ピリ辛系。
そういやメニュー見ても、辛い系のアテ多いですね。

さあ!日本酒にスイッチしましょう。
酒処 たなかや(和歌山)居酒屋

まずは和歌山のメジャー酒「長久」上撰(300円)。
冷やでもらいましたが、このクラスなら燗すればよかったかな。
もう1杯はきちんと、黒牛しぼりたて本生(500円)をいただきました。
味の違いは顕著!!
この値段差ならば、黒牛を2杯いっとけばよかった。

アテはそこそこ、飲む方をぐいぐいといって、これにておあいそ。
2人で各4杯飲んで、アテは2品。
大阪の酒屋併設で飲む感覚では、1人1700円ぐらいでしたが、
こちらでは2300円でした。
うーん・・・和歌山ではこれでも安い部類なんですよね。
もうちょいなんか特色が欲しかったな・・・ってとこでしょうか。

さーて、もう1軒いきましょう。
来週月曜に続きます。

住所:和歌山県和歌山市雑賀町13
電話:073-422-6415
営業時間:17:00~23:00
定休日:第2土曜・日曜・祝日
↓お勧めリンク↓

せんべろ探偵が行く


酒処たなかや居酒屋 / 和歌山市駅

夜総合点★★☆☆☆ 2.5

[ 2013/11/01 00:00 ] [B級グルメ]居酒屋 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://bkyugourmet.blog.fc2.com/tb.php/2628-874a61ce