大阪 新世界探訪(前編)大万・ホルモン道場

17時に連れと待ち合わせで、最初の店「大万」へ向かう。
daiman.jpg

ここは非常に入りにくい・・・軒先に6人も座ればいっぱいになるような店。
まだ誰も客がいなかったが、その軒先に座り、瓶ビール大(450円)と
ホルモン串焼(30円)と串かつ(30円)を各1人ずつ各2本頼む。
まずホルモン串ができて、食ってみるが30円にしてはこれはうまい。
ただちょっと串についてる大きさがえらい小さいのが残念。
そうこうしているうちに、小学校低学年の子供を連れた家族連れ3人が入店、
既にそれで椅子は満杯状態になる。串かつのほうは・・・んーこの値段ではこんなもんだろというお味。
そこでまず一人頭350円弱を払い、店を後にする。

次に前回休みで行けなかった、「ホルモン道場」へ向かう。
「盛り合わせ」(450円)と「キモさし」(450円)と生中(500円)を注文。
盛り合わせが前の鉄板で焼かれる様子を見ながら、まずキモさしで生中をぐびぐびあおる。
今日のメインに捉えていたホルモン盛り合わせが登場。
450円の値段設定にしては少しホルモンの量が少なく、もやしどっさりといった感がある。
味付けはウスターソースっぽいタレの味付けで、それがまた安っぽさを
滲み出してるのかもしれない。
ちょっと物足りなさを感じつつ、一人頭1000円弱を払い、店を出た。
(ドリンクの値段設定も高めに感じた)

前回新世界探訪はこちらへ!
[ 2005/03/25 11:08 ] [B級グルメ]居酒屋 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://bkyugourmet.blog.fc2.com/tb.php/26-4a73c737