スーパー銭湯 水春(大阪箕面)

大阪のスーパー銭湯では評判高い「水春」へ夜勤明けに行ってきました。
ここは露天が非常に充実していると聞いています。
兵庫の露天設備、ナンバー1の「湯の華廊」と比べてみようと思います。

温泉は地下1200メートルから湧き出る天然温泉。
大阪では珍しい泉質で、炭酸水素ーナトリウム(重曹・以前は重曹泉と呼んでいました)。
温泉のメッカ和歌山県の山間部でよく出ている泉質です。

以下、湯の種類をご紹介します。
● 変わり風呂
● 漢方薬草サウナ
● リラクゼーションバス
● ジェットバス
● 寝転び湯
● ぬる湯
● シェイプアップバス
● スーパージェットバス
● 座マッサージ
● 冷水風呂
● タワーサウナ
● 白湯
● ツボ湯
● 電気ツボ湯
● 岩風呂
● 腰掛湯
● 桧風呂

suisyun1.jpg

入ってまず、熱いのが苦手な俺は「ぬる湯」に浸かる。
ここの温度は39度ちょっとなんで、体に心地よい・・・
ただ、内湯はどれも温泉ではないので、温泉を探してみる。
と思ったら、「変わり風呂」なるものを見つけた。
このときは「絹湯」と言ってプロテインのお風呂らしい、どんな効能があるかしらんが
(まあしっとりするんでしょうな)、とりあえず興味があってそこに浸かってみる。

で・・・そうそう温泉!やっぱ外やんねと出るとこれまた広い露天ですなあ。
これは否が応でも期待値が上昇する。
季節は2月・・・
とりあえず、外を歩き回るには寒いので、身近にあった「ツボ湯」で体をあっためて散策。
どうやら源泉掛け流しは1箇所のみらしい。

そこのお湯に浸かるがこれが外の外気が寒すぎるのか、ぬるい・・・
俺みたいなぬる目好きが長湯するにはちょうどいいが、熱いのが好きな人間には、
なんじゃこれ?であろう。(ただこれは寒い冬の話なんで、他の季節は分かりません)
ただ、そこから流れ出る循環の岩風呂温泉はかなり熱かった。
こっちは循環時に加温しているのであろう。

他によかったのは「漢方薬草サウナ」、スチームサウナに漢方の香りが漂っているのだが、
これはいかにも体によさげって感じで気に入ってしまった。

また、他の露天設備もその売りが分かるくらいに充実感があります。
結果、「湯の華廊」と比べると、総合設備面で「水春」の勝ちでしょうか。
温泉の質自体は「湯の華廊」の方が上です。
ただ「湯の華廊」は内湯がちょっと貧弱さがあるのに対し、
変わり湯などをもつ「水春」はいいですね。

それから湯からあがったあとに、ゆったり無料でできる「大座敷」が水春はいいです。
ごろりと寝そべったりできますから。

温泉の質にこだわる方には不満があるかもしれませんが、
スーパー銭湯としての設備面を見ると、かなり高いレベルにあると思います。

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://bkyugourmet.blog.fc2.com/tb.php/259-dc831fd5