魚屋ひでぞう 立ち呑み店(大阪難波ミナミ)

裏なんば・・・
ミナミでは私にとって魅力的な、安くて旨い飲み屋なんて、
5年前にはほぼなかったと思うんですが、今じゃ大阪ナンバー1です。
安呑みのメッカであった天満を、凌駕してると思いますね。
その魅力的なお店が密集する裏なんばに、
また新たな立ち飲みができました。
「魚屋ひでぞう」立ち呑み店です。

魚屋ひでぞう 立ち呑み店(大阪難波ミナミ)

こちらの本店は、今里にある人気海鮮居酒屋が、
難波に進出してきたお店。
「魚屋ひでぞう」の名前は私もよく聞いておりましたが、
今里がほぼ行くことのない地域なんで、訪問したことありませんでした。
しかし、何?この大混雑さ??
かなり大バコの立ち飲み屋さんなんですけど、ほぼ立てる位置ない・・・
5分ほど待って、ようやく中へ入れました。
オープン間もないのに、この人気すごいな・・・

この日の料理、右半分。
魚屋ひでぞう 立ち呑み店(大阪難波ミナミ)

そして左半分です。
魚屋ひでぞう 立ち呑み店(大阪難波ミナミ)

ほぼ、季節の旬の魚を扱ったもんばかりです。
値段的には立ちの店としては少し高いかなと思いますけど、
鮮度がよければね。

ドリンクメニュー左。
魚屋ひでぞう 立ち呑み店(大阪難波ミナミ)

そして右側です。
魚屋ひでぞう 立ち呑み店(大阪難波ミナミ)

ここでまず思ったのは、焼酎安くない?ってこと。
黒佐藤や、中々、兼八まで350円は魅力的。
で、日本酒も獺祭、純米大吟醸が400円と安いな~
私はこれにしよ。

同行者はトマト酎ハイ(300円)。
魚屋ひでぞう 立ち呑み店(大阪難波ミナミ)

本日4回目の乾杯。
獺祭はそこそこのお値段の割に旨いんよね。
この純米大吟醸もフルーティーな吟醸味がふわっと口の中に拡がります。

色々この日も食べてきたが、海鮮の生系はまだお腹に入る。
魚屋ひでぞう 立ち呑み店(大阪難波ミナミ)

北海道産のうに(650円)。
650円にしては、量がたっぷりで嬉しい。
食べてみても、うん、ウニはこうでなくっちゃね~
まーーったく苦みなんてもんはなく、芳醇な香りを残して、
舌からとろけていきます。
あと、素晴らしいなって思ったのはわさび。
茎入りのこれぞわさび本来の味なんですね。
私はこれだけ舐めながら、酒飲めるくらいである。

もう一品、活〆穴子のうす造り(450円)。
魚屋ひでぞう 立ち呑み店(大阪難波ミナミ)

穴子はあまり、生で食べたことのないもんやから注文。
ポン酢につけていただきます。
身はすっごく弾力あります、まるで河豚のようですね。
ただ、河豚のようなあっさりさではなく、脂がのった味。
これまた旨いよな。

またすごい海鮮の立ち飲みが、なんばに出来たもんだ。
今回2品を食べましたが、大満足でしたね。
多分、同じような質の海鮮を、ミナミの他の店で食べると、
1.5倍以上の値段はすると思います。
難波でお気に入り立ち飲みをはしごすると、こりゃ10軒じゃきかないぞ。
この店も再訪必至ですね。

住所:大阪市中央区難波千日前9-1
電話:非公開
営業時間:17:00~24:00
定休日:水曜日
↓お勧めリンク↓

ひとり呑みのススメ


魚屋ひでぞう 立ち呑み店立ち飲み居酒屋・バー / 難波駅(南海)近鉄日本橋駅日本橋駅

夜総合点★★★☆☆ 3.9

[ 2013/02/03 00:00 ] [B級グルメ]立ち呑み | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://bkyugourmet.blog.fc2.com/tb.php/2542-d8ade886