ホンダ RA272[Honda](1965年)リッチー・ギンサー/ロニー・バックナム

こちらのマシンもまだ私が生まれていない頃の話で、
さすがに思い入れなんてもんはありません。
ホンダが初優勝をしたマシンという印象だけです。
なので簡単にながします。


ホンダホンダRA272 メキシコGP 1965 No.11

ホンダはこの年、2年目のF1参戦やったんですけど、
エンジンはこの当時から超一流のエンジンを作っていました。
なんと14000回転まで回すことができる高出力エンジンは、
1960年代では相当な回転数を誇るエンジンだったのである。
加速ではどのマシンにも負けなかったみたいですね。

ホンダ RA272[Honda](1965年)リッチー・ギンサー/ロニー・バックナム

しかし、どうしてもシャシーの制作は他チームより遅れをとっており、
車重も重いマシンで信頼性も欠けていたのだが、
シーズン中盤、第7戦ドイツGPを欠場してまで、マシンの大改良を施すのである。

その結果、最終戦メキシコGPで初優勝。
ホンダのF1挑戦のレジェンドはここから始まったのだ。

ホンダ RA272[Honda](1965年)リッチー・ギンサー/ロニー・バックナム

私がホンダの圧倒的な強さを目にしたのは、1987年、1988年。
この当時、エンジンメーカーとしての参戦でしたが、
F1は2014年からのエンジン規定の改定で、その当時のV6ターボに変わります。
ホンダの首脳部もF1への復帰をほのめかしているので、
なんとかなんないかな~
ドライバーは琢磨と可夢偉なんて、理想的ですが(^^)
[ 2012/10/22 12:00 ] [車・F1]F1 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://bkyugourmet.blog.fc2.com/tb.php/2361-c8bb9660