鉛温泉 藤三旅館 湯治部 朝食編(岩手花巻)

ちょっと泊まるには、都会慣れしている方にはおすすめできない、
鉛温泉 藤三旅館 湯治部の部屋・・・
飯食って、酒飲んで寝ちゃえば、周りなんてもう関係ないですよね。
早々に寝てしまい、起きたらまだ朝4時。
ひっそり静まった館内の中、ゆっくり朝風呂に出かけました。

施設、夕食については、以下のリンクで記事にしています。
岩手花巻、鉛温泉 藤三旅館 湯治部 夕食編の記事はこちら!
岩手花巻、鉛温泉 藤三旅館 湯治部 施設・温泉編の記事はこちら!

その後は朝食、こちらも部屋への一斉配膳です。
時間は朝7時。

鉛温泉 藤三旅館 湯治部 朝食編(岩手花巻)

この部屋で食べるのはあまり気が進まないな・・・

こちらが朝食の全景。
鉛温泉 藤三旅館 湯治部 朝食編(岩手花巻)

ご飯と、味噌汁と焼き魚、海苔ぐらいやと思ったのに、
結構品数ありますね。

焼き鯖に煮物にサラダ。
鉛温泉 藤三旅館 湯治部 朝食編(岩手花巻)

お味はまあ、こんなもんでしょう。

意外やったのはこれ。
鉛温泉 藤三旅館 湯治部 朝食編(岩手花巻)

湯豆腐が出てきました。
できたらこの鍋、夕食時に出して欲しかった。

うん、自分で火を点けるので熱々です。
鉛温泉 藤三旅館 湯治部 朝食編(岩手花巻)

こういうので、夜の晩酌したかったですね。

では、最後に宿全体の総評をしたいと思います。
楽天トラベルでの1泊2食付4500円のプラン。
まず、この湯治部への宿泊は古い、ボロいを、
相当覚悟して来なければ、受け入れられないでしょう。
私も温泉三昧して、飯食って寝るだけやからこっちでええやって思っていましたが、
倍の値段出しても、次回は旅館部への宿泊にしたいと思いましたね。
それほどまでに部屋のグレードは全然違います。

温泉は色々と楽しめますし、湯治部の一斉配膳食でも、
結構満足できましたから、旅館部の料理も期待はできると思います。
ただ、この近くに、私も宿泊しました「大沢温泉」があります。
総合的な評価では、「大沢温泉」に軍配を挙げますね。
岩手花巻「大沢温泉」の記事はこちら!

この日1日出発以降のあらすじはこちらで・・・
東日本応援車中泊旅23日目記事はこちら!

住所:岩手県花巻市鉛中平75-1
電話:0198-25-2311
日帰り営業時間:7:00~21:00(受付は20:00まで)
定休日:無休
日帰り入浴料:大人700円 こども500円
チェックイン:15:00
チェックアウト:10:00


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
[ 2011/11/08 00:00 ] [B級グルメ]和食/寿司 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://bkyugourmet.blog.fc2.com/tb.php/1878-d6c1f265