サントリー山崎蒸留所(京都山崎)工場見学編

ウイスキーは、私が唯一アルコール類で苦手な部類である。
味がどうも苦手なので、水割りで薄くしてガブガブ飲むもんだから、
記憶を飛ばす度合いも高くなる。
そんでお恥ずかしい過ちを犯したこともしばしば(^^;)
あまり飲むのは敬遠してました。
ただ、最近はハイボールで飲み易くしたりして、
結構、飲む機会も多くなってきた。
で、今回こちらの工場見学に行こうというお誘いを受けて、
いざ京都方面へ!
サントリー山崎蒸留所の工場見学です。

サントリー山崎蒸留所(京都山崎)工場見学編

まずは受付を済ませて、ツアー開始の場所へ。

その前に、このウイスキーの歴史を探訪します。
サントリー山崎蒸留所(京都山崎)工場見学編

まずは「赤玉ポートワイン」。
明治40年に販売されたものです。
ウイスキーの前は、こちらから販売を開始しました。

そして、ウィスキーの初代はこれ。
サントリー山崎蒸留所(京都山崎)工場見学編

通称「シロ」ですね、国産ウイスキー第一号です。

このオールドのボトルも年季入っています。
サントリー山崎蒸留所(京都山崎)工場見学編

私が一番、学生時代に飲んだ銘柄ですね。
これか「リザーブ」を買っては、
連れの家で夜中じゅうしゃべって議論してました。
あの頃、バカもやったけど、熱く燃えてる時代でもありました。

大衆ウイスキーの代表格「トリス」。
サントリー山崎蒸留所(京都山崎)工場見学編

あまり私には縁がない銘柄です。

そのトリスのキャラクター商品。
サントリー山崎蒸留所(京都山崎)工場見学編

このおじさんは愛嬌あるからな(^^)

では、工場見学ツアーの開始です。
サントリー山崎蒸留所(京都山崎)工場見学編

まずは、こちらで原料の仕込みがされています。
麦芽と温水で、綺麗な麦汁を完成させます。
それに酵母を加え発酵させます。

そんで今度はこちら。
サントリー山崎蒸留所(京都山崎)工場見学編

発酵されたもろみはこの蒸留釜で、蒸留されます。
このポットスチルはいろんな形があって、それで味が変わるのだとか。
ここで出来た原酒はニューポットと呼ばれて透明な色合い。
匂いをかいでみましたが、ものすごいきついアルコール臭。
なんでもアルコール度70%らしいです。

そのきついのをまろやかに熟成させます。
サントリー山崎蒸留所(京都山崎)工場見学編

この貯蔵庫にさまざまな年代の樽が置かれていました。
またこの部屋全体に、香り高いウイスキーの匂いしてましたね。

で、次はいよいよお楽しみの試飲♪
長くなりましたので、次回(7月14日)に続きます。
サントリー山崎蒸留所(京都山崎)試飲編はこちら!

住所:大阪府三島郡島本町山崎5-2-1
電話:075-962-1423
見学ツアーの開催
■平日 10:00~最終回15:00(1時間毎)
■土日祝 10:00~最終回12:00(1時間毎)

↓10万円するんですね・・・↓

サントリーシングルモルトウイスキー 白州25年 43度 700ml

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://bkyugourmet.blog.fc2.com/tb.php/1816-ce105ff0