天狗舞 純米 旨醇 1800ml(石川県車多酒造)

北陸、日本酒シリーズ最終回。
以下、2回に渡って、ご紹介してきました。
銀嶺「立山」普通酒 酉印(富山)
手取川 本醸造 辛口(石川)


今回も石川のお酒になります。
天狗舞 純米 旨醇(うまじゅん)。

天狗舞 純米 旨醇 1800ml(石川県車多酒造)

石川では有名な銘柄の「天狗舞」ですけど、
一番、味と値段的にバランスが取れていそうだなとチョイスしました。
楽天、石川の地酒屋さんで、価格は1800mlで2271円でした。

今回の料理は・・・
天狗舞 純米 旨醇 1800ml(石川県車多酒造)

白菜と挽肉のはさみ煮。
ロールキャベツのように白菜でミンチを包んでいます。
ただ、味付けは中華風。

鯖の豆板醤炒め。
天狗舞 純米 旨醇 1800ml(石川県車多酒造)

この辛さは、この天狗舞の常温では役不足。
なので、燗させて呑んでみるとええ感じ。
この酒は黄色っぽく色がついており古酒っぽいです。

鶏肉の南蛮漬け。
天狗舞 純米 旨醇 1800ml(石川県車多酒造)

こっちは逆に常温で呑んだほうが合います。
その豊かな旨味と酸味が際だつのはこちらの料理か。

で、こんなのも買ってたんですね。
天狗舞 純米 旨醇 1800ml(石川県車多酒造)

奈良の山奥の温泉に行ったときに、その隣の野菜直売所にありました。
原木、地の椎茸が300円でした。
馬鹿でかい椎茸で食べ応えありそうです。
量も豊富。

こちらをバター炒めに。
天狗舞 純米 旨醇 1800ml(石川県車多酒造)

さすがの肉厚なので、ジューシーな椎茸の旨みを感じます。
こりゃ旨いわ~
まだまだ量があったので、今度は炒めて、ポン酢かけて食いたい味。

そんで、今回の日本酒ですね。
あまり、熱く燗はするべきではない酒です。
よくて人肌程度のぬる燗かな。
常温でもちょっと味がぼけた感じがしたので、冷やしていただく酒です。
それに合わせる料理も刺激物が入った物は不可。
刺身やあっさり煮物にするべきですね。
今度はそのようにして、合わせてみます。

天狗舞 純米 旨醇(うまじゅん) 1800ml 2271円
蔵元:車多酒造/石川県
アルコール度数:15~16度
日本酒度:+6
原料米:五百万石
精米歩合:60%
↓お勧めリンク↓

今回こちらのお店で購入しました

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://bkyugourmet.blog.fc2.com/tb.php/1396-9073b253