東北泉 純米吟醸 瑠璃色の海(色々ごっちゃ海鮮鍋)

冬の東北、山形日本酒&鍋シリーズ第4弾。
このシリーズも今回で最終回となります。
前回までの記事はこちらを参照ください。
・上喜元 純米吟醸 五百万石 完全醗酵 超辛
・麓井 純米本辛 圓[まどか]
・くどき上手 純米吟醸


さて、今回の鍋は何にしようかなと考えたのだが、
やはり、海鮮物が大好きなので、シンプルに水炊きにして、
ポン酢つけて食べるのが、一番その素材の味が分かり、
ベストだとの結論に達しました。
なので、今回は鍋を2種類使い分けて、違った味で豪華に食ってみます。

まずは、こちらはツバスです。
東北泉 純米吟醸 瑠璃色の海(色々ごっちゃ海鮮鍋)

このボリュームで値段いくらやと思います?
300円切ってるんですね~
閉店前の値引き値段やないですよ、普通にこの値段です。
この魚はブリのまだちっちゃいタイプですが、
脂のノリが少ない分、お安くなっています。

そして・・・
東北泉 純米吟醸 瑠璃色の海(色々ごっちゃ海鮮鍋)

ワタリガニも加えて、蟹風味の鍋にしてみました。
こちらも値段は値引き価格ではなく350円です。

ご覧のような感じで、渡り蟹を中心にぐつぐつ煮込みます。
東北泉 純米吟醸 瑠璃色の海(色々ごっちゃ海鮮鍋)

こちらはツバスのカマ。
東北泉 純米吟醸 瑠璃色の海(色々ごっちゃ海鮮鍋)

この小椀に入るくらいですからちっちゃい(^^;)
ただ、やはり身よりもこのカマの方が美味しい。
魚はやはりこの辺りの味が一番いいですよね。

でも、渡り蟹って、あまり身を食べるところ少ないですよね。
東北泉 純米吟醸 瑠璃色の海(色々ごっちゃ海鮮鍋)

なぜ今回、この蟹を選んだのかはこれです。
東北泉 純米吟醸 瑠璃色の海(色々ごっちゃ海鮮鍋)

蟹雑炊を作りたかったからなんですよ。
ちゃちゃっと身を食べた後は、中のエキスが鍋汁に染み込みやすいように、
粗く砕いて、再度鍋に投入します。
こうして作る雑炊は蟹風味たっぷり!!最高ですね。

もう一つの鍋はご覧のような感じで。
東北泉 純米吟醸 瑠璃色の海(色々ごっちゃ海鮮鍋)

メインはスルメイカにトロカレイ。
あとは鮭に鱈とを少しずつです。
こちらはイカの風味がめいっぱい鍋汁にエキスが染み込んでいます。
そして、イカ雑炊にしたんですよ。
イカめしってあるやないですか、なのでイカ風味の雑炊も美味しいだろうと思いましたが、
この雑炊も大成功!こちらはダシ多めで作って、いい烏賊の風味です。
今回、蟹と烏賊の風味が喧嘩しないように、2つに分けてみました。

それに合わせて、飲んだ日本酒がこちら。
東北泉 純米吟醸 瑠璃色の海(色々ごっちゃ海鮮鍋)

東北泉の純米吟醸「瑠璃色の海」です。
純米吟醸とは書いていますが、精米歩合はなんと45%! 事実上純米大吟醸のこのお酒、
販売店限定の日本酒です。
これは結構高いですよ、楽天で山形のお酒ばっかり扱っている一番安い店で
買いましたが、720mlで2500円でした。
今回4本買いましたが、やはり1本くらいはええもん飲みたいですもんね。
これは冷蔵庫で、よく冷やしました。
飲み口は・・・これほどすっきりした日本酒はあるんだろうかというくらいに、
柔らかいタッチで、口の中で味わいが拡がります。
日本酒の匂いが嫌いだって方でも、これは飲めるのではないだろうか。
やはり、この値段は納得できる旨さですね。

さて、今回の山形日本酒&鍋シリーズいかがでしたでしょうか?
やはり日本酒は奥が深いってのが今回の印象です。
一升瓶3本+720mlでしたからこの冬中持つかな?とも思いましたが、
1ヶ月ちょっとで、あっちゅう間になくなりました(^^;)
なので、今冬もう1回、購入しようと考えています。
次はどの県の日本酒シリーズにしようかな~

東北泉 純米吟醸 瑠璃色の海(高橋酒造店)
日本酒度:+3
精米歩合:45%
酸度:1.7
酵母:山形酵母
原料米:雄町
アルコール度数:16.2%
↓お勧めリンク↓

dancyuにも掲載された限定品! 東北泉 純米吟醸 瑠璃色の海

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://bkyugourmet.blog.fc2.com/tb.php/1328-566aee7b