亀戸ぎょうざ 錦糸町店(東京)餃子

谷中銀座でちょこっとビールを飲んで、呑みたい病に拍車が(^^;)
さらにビールを呑みたかったので、それに合わすには餃子だなと。
東京にて餃子専門で一番有名店は、「亀戸餃子」。
JRの都区内1日パスもあるんで、亀戸もこのキップで乗り降りいける。

亀戸ぎょうざ 錦糸町店(東京)餃子

・・・と意気揚々と向かったんですけど、
夕方16時でもこの行列。
夕ご飯前のこの時間やと空きあると思ったんやけどな~
結構、この日も歩いてきた、谷中銀座でも行列に並んだので、
これ以上、立って待ちたくない。

で、ふと支店らしき店が錦糸町にもあったなと思い出す。
以前、そこの前を通ったことがあったが、
お昼ランチ時でも、そっちは行列してなかった記憶が。
ってことで電車で一駅西へ戻りました。
「亀戸ぎょうざ」錦糸町店です。

亀戸ぎょうざ 錦糸町店(東京)餃子

こちらのお店も年季入ってますね~
お店はカウンターのみ、どっからでもぶらっと1人入れるお手軽さ。
一人呑みには絶好のお店です。

こちらがメニュー。
亀戸ぎょうざ 錦糸町店(東京)餃子

続き。
亀戸ぎょうざ 錦糸町店(東京)餃子

本店は、餃子とアルコール類のみという専門店だが、
こっちの錦糸町店は、ライスもあるし、ラーメンやチャーハンもある、
のんべえでなくても、ぎょうざライス(700円)という、
餃子2人前にご飯というコンビでも頼めるとこがええですね。
(私の後に入ってきた方は、これだけでアルコール類注文してませんでした)

まあ、私は呑む気満々ですから「瓶ビールと餃子1人前!」っと注文。
亀戸ぎょうざ 錦糸町店(東京)餃子

で、頼んでから、あっビール、大きさ指定すんの忘れた!と思ったが、
出てきたのは大瓶(550円)でした。
よかった~中瓶なんて中途半端な量いらんもん。
そんで、頼んでないもやしナムルがちょこっとついてきました。
え?こんな店で付きだし?って思ったが、
あとの勘定では計算されてなかったので、
サービスで出してくれたもんでした(^^)

こちらが餃子1人前(250円)。
亀戸ぎょうざ 錦糸町店(東京)餃子

5個で、想像してたよりも小ぶりだなってのが第一印象。
カリッと焦げ目がついているので、皮も薄目だなって分かります。

そんじゃ、酢醤油ラー油多い目のタレでいただきます。
亀戸ぎょうざ 錦糸町店(東京)餃子

横についている辛子は、先にこれがついた状態で小皿を渡されました。
私は辛子つけて餃子食べる習慣はないので、
これは避けて、餃子をタレにつけます。
食べてみると・・・うーん、ちと物足りない。
味わいが軽いんですよ。
じゅわっとジューシーな旨みがないんですよね。

中の餡はこんな感じ。
亀戸ぎょうざ 錦糸町店(東京)餃子

キャベツが主体なんで、そりゃジューシー感はないですよね。
キャベツのシャキシャキさが目立つくらいですもん。
ビールのアテにするには力不足感を感じていたが、
1つ辛子をつけて食べてみた。
おっ!味にパンチが出たので、これならビールに合わせても全然いける。
なるほど~最初から辛子もセットで出す餃子やわって納得。

基本、私の餃子判断基準は、「餃子の王将」になる訳ですが、
あの味とはまた全然違うタイプの餃子です。
野菜餃子ってイメージを持ちましたね。
王将が好みだって方には、物足りないかなって思います。
逆にヘルシー感があるので、これは是非、女性に食べて欲しいですね。

夕方17時もまわってきたので、宿泊ホテルの駅まで戻りましょう。
あ、その前に亀戸でテイクアウトしてました。
明後日、木曜に続きます。

住所:東京都墨田区江東橋3-9-1
電話:03-3634-9080
営業時間:平日11:30~20:30 土日9:00~18:00
(食材切れによる閉店の可能性あり)
定休日:年中無休
↓お勧めリンク↓

おうちでおつまみ中華
[ 2014/09/09 00:00 ] [B級グルメ]中華 | TB(0) | CM(-)