駒形どぜう 本店(東京浅草)

今回、東京訪問の目的の一つは、
東京らしさを感じることができるグルメを、
ひとつでも多く味わうことであった。
それに加えて、酒好きの私であるからして、昼酒もしたい。
私は大阪では結構昼酒もあっちこっちでやっているが、
あまり関西の習慣としてはないですよね。
そんな昼酒を楽しめる場、「駒形どぜう」の本店にやってきました。

駒形どぜう 本店(東京浅草)

店頭では、さすが、老舗の名店。
駒形どぜう 本店(東京浅草)

ランチ時を少し外して、13時過ぎに行ったにも関わらず、
とんでもない人で賑わっていました。
おじちゃんに名前を告げ、しばし待ちます。

20分くらい待って、ようやく中へ。
駒形どぜう 本店(東京浅草)

うんうん、この雰囲気♪
昼酒を楽しむぞ~って気分が高まりますね。

そのドリンクメニュー。
駒形どぜう 本店(東京浅草)

ビール、中瓶で600円ですから、お高い・・・

メニュー、右半分。
駒形どぜう 本店(東京浅草)

左半分。
駒形どぜう 本店(東京浅草)

お昼時なんで、ランチのお得なセットあるかなと思ったが、
なべ定食ってのが2600円もして、これもお値段高い。
それに酒飲むのに、ご飯は不要やし、こちらはパス。
骨付きの丸鍋と、裂いて骨なしにしたさき鍋を1つずつにしました。
両方、1人前1750円です。

こちらがどぜうなべ(丸鍋)。
駒形どぜう 本店(東京浅草)

こんな風にどじょうを食べるのは初めての私。
結構わくわくします(^^)

スーパードライ中瓶(600円)でまずは乾杯♪
駒形どぜう 本店(東京浅草)

その後は燗酒一合(630円)もいただきました。

どじょうの上に、たっぷり葱を敷き詰めます。
駒形どぜう 本店(東京浅草)

割り下はもっと濃い味かと思ったが、案外あっさり。
ただ、関西人の私にはまだまだ濃いんですけど(^^;)
どじょう自体は想像していた味ですね、あっさりさと苦みが混合した感じ。
酒にはよく合うな~♪絶対ご飯よりこれは酒のアテ。
それにプラスして葱とこの割り下の相性も素晴らしい、これも酒のアテ。

こちらが、どぜうさきなべ(1750円)。
駒形どぜう 本店(東京浅草)

こうしてしまうと、どじょうらしさが感じられなくなるので、
自身としては丸鍋の方が好みですね。

熱々の鍋に、熱燗の昼酒。
駒形どぜう 本店(東京浅草)

東京文化を感じる瞬間です。

そんな美味しいって思うもんではありません。
私の好みでは、鰻や穴子の方が好きだな。
ただ、酒のアテとして、こりゃすごくええと思います。
あと、酒も料理ももっと安ければって思いますね。
また今度、東京訪問時はもっと安く酒を飲みながらどじょうを楽しめる店、
探してみたいなと思わせてくれる時間でした。

住所:東京都台東区駒形1-7-12
電話:03-3842-4001
営業時間:11:00~21:00
定休日:年中無休
↓お勧めリンク↓

韓国でお馴染み人気商品を自宅で堪能!韓国直輸入!眞韓チュオタンスープ(ドジョウスープ)


駒形どぜう 本店どじょう / 浅草駅(東武・都営・メトロ)田原町駅蔵前駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0

[ 2011/05/27 00:00 ] [B級グルメ]和食/寿司 | TB(0) | CM(-)