酒仙 しんばし光寿(東京新橋)

東京の日本酒のお店として名高いのは「かんだ光壽」。
私もいつかは行きたいお店と思っております。
そのかんだ光壽より、少しお安めの値段設定の地酒を扱っているのがここ。
新橋にあります、「しんばし光寿」を訪問しました。

酒仙 しんばし光寿(東京新橋)

場所は非常に判りづらいですね。
まずはこの看板をすぐに私が見つけたので、迷いませんでしたが、
雑居ビルの地下1階に下るので、店構えが全く分からないです。

で、地下へ下りると・・・
酒仙 しんばし光寿(東京新橋)

こんな感じでお店があります。

やはり日本酒の揃え方がとてつもなく素晴らしい。
酒仙 しんばし光寿(東京新橋)

日本酒好きな私は、どれ飲もうか非常に悩みました。

店内の様子。
酒仙 しんばし光寿(東京新橋)

非常に落ち着く居酒屋風情。

うん単なる居酒屋ではなく、日本酒へのこだわりが分かります。
酒仙 しんばし光寿(東京新橋)

メニューの表紙。
酒仙 しんばし光寿(東京新橋)

こちらに書かれているように、日替わりの付きだしが結構なお値段。
税抜き1280円もするのに、付きだし嫌いの私がなぜこちらにやってきたかは後述。

その日のオススメ。
酒仙 しんばし光寿(東京新橋)

定番のアテ。
酒仙 しんばし光寿(東京新橋)

こちらは極々標準的な居酒屋値段やと思います。

まず、私がチョイスしたお酒がこちら!
酒仙 しんばし光寿(東京新橋)

南(高知)の純米吟醸無濾過(小570円)。
すっと喉元を通るお酒ですが、ちょっと後味が口の中に残るかな。

同行者が頼んだ、黒牛(和歌山)の純米生原酒活性にごり(小500円)。
酒仙 しんばし光寿(東京新橋)

一口いただき、こちらは生のフレッシュ感がよく分かるお酒です。

こちらが「先付」。
酒仙 しんばし光寿(東京新橋)

鶏のつくね汁と鶏ささみでした。
日本酒にこれは絶対合う!ってのを出してもらえるんですね。
普段、居酒屋行って、冷凍枝豆が先に出てきて、300円なんて取られていると、
そんなお店に2度と行くことはない私。
しかし、こんな付きだしならば大歓迎です(^^)

そして、こちらが「酒肴」。
酒仙 しんばし光寿(東京新橋)

うん、このお通しだけで日本酒5杯呑める自信あります。

切り干し大根。
酒仙 しんばし光寿(東京新橋)

ですが、非常に味に工夫があります。
すこしピリ辛で濃いめに味付けられており、
純米系の芳醇な日本酒と合う味。

つぶしたじゃがいもと烏賊の塩辛を和えています。
酒仙 しんばし光寿(東京新橋)

うん、素晴らしい♪

豚皮ピリ辛煮。
酒仙 しんばし光寿(東京新橋)

普段食べたことのないような味付け。
コラーゲンたっぷりの豚皮を、
こんな感じで日本酒に合わせるとはね。

わかさぎ天ぷらに烏賊を炙ったの、それに大根の漬物。
酒仙 しんばし光寿(東京新橋)

様々な味を少しずつ楽しめます。

同行者は十四代があるのに目をつけました。
酒仙 しんばし光寿(東京新橋)

新本丸の小が490円ですからね。
この値段ならば、味も分かってるし、選んで損はない。

途中、私はこんなのにスイッチ。
酒仙 しんばし光寿(東京新橋)

磯自慢の純米吟醸山田錦(小650円)。
こちらも十四代系のすっきりした純米吟醸。
ただ、私の好みとしては十四代の本丸ですね。

最後は、絶対ハズレのない十四代 中取純米吟醸備前雄町で〆
お値段はこちらでも小で650円です。
もう全然、今まで飲んできた酒と香りが段違いです。

素晴らしい!
はっきり言って、この店1軒でこの日の飲みは終わらせたかったくらい。
せっかくの東京訪問でしたので、後、何軒かはしごするため、
この程度で済ませましたが、非常に落ち着けました。
日本酒好きならば、気に入らない人間おらんでしょう。
次回、東京訪問時は「かんだ光壽」!!
是非、是非行きたいと思います。

東京訪問あらすじはこちらで!

住所:東京都港区東新橋1-2-17 下島ビルB1F
電話:03-3575-0939
営業時間:17:30~23:30
定休日:日曜・祝日、土曜は不定休
↓お勧めリンク↓

★これぞ本場の炭火焼きかつおのたたき!!!★


酒仙 しんばし光寿 居酒屋 / 新橋駅汐留駅内幸町駅

夜総合点★★★★ 4.0

[ 2011/05/09 01:47 ] [B級グルメ]居酒屋 | TB(0) | CM(-)