スペイン・バル Sirenita[シレニータ](大阪天満)

ここ最近数年間で、スペインバルはあちこちに乱立しましたね。
その発端の人気店はここでした。
北浜「エルポニエンテ・ゴソ」の記事はこちら!

その波は安飲みの街、天満にも押し寄せて来て、
新たにスペインバルの店が天満の駅から結構歩くのだが、出来てるではないか。
ちょっと2軒目使いとして利用してみましょうか、
Sirenita(シレニータ)である。

Sirenita[シレニータ]

周りは結構、流行っていないところにあるので、この店も目立ちません。
もう少し、店前に照明の入った看板とか置いたらいいのにって思います。

店内の様子。
Sirenita[シレニータ]

休前日、22時くらいなのに、全然人が入っていない・・・
まあ、雨降っていたので、それもあるんかな~
しかし、立地条件も悪いでしょうね、寂しい・・・

こちらがメニュー。
Sirenita[シレニータ]

スペインバルとしては、まあまあのお値段でしょうか。
こちらのお店は家庭的な雰囲気を持っていますね。

チーズ、ワインのメニュー。
Sirenita[シレニータ]

まずは選んだのは「タパス4種盛り合わせ」。
Sirenita[シレニータ]

「魚介類のマリネサルサビコン」「ホウレン草のカタルーニャ風」
「ハモンセラーノ」「トルティージャ」の4種でした。
こうやって少しずつ、つまめるもんがあるのは嬉しいですね。

オリーブ。
Sirenita[シレニータ]

まあ、スペインバルには定番でしょう。
若干、漬け込み過ぎかな。

ワインはこれ。
Sirenita[シレニータ]

「ディエゴ・アルマグロ・グランレゼルバ」(3200円)。
同行者が奢るからと、こちらをチョイスしました。
超高級ワイン『シャトー・ペトリュス』(約14万円)と
このワインが飲み比べられたのですが、
多くのワイン通の芸能人が間違えた、伝説の赤ワイン。
その芳醇なコクは、非常に肉料理に合うワインですね。

チキンときのこのクリーム煮(750円)。
Sirenita[シレニータ]

今日はほとんどを同行者が会計持ってくれるってことで、
オーダーは他人任せ。
けど、これが一番旨かったなあ~

パンコントマテ、生ハムのせ(500円)。
Sirenita[シレニータ]

こういうパンにハムのったの好きです(^^)

さて、全体的には、それほど旨い!!っていうのはなくそこそこって感じ。
店が家庭的な雰囲気なので、ちょっとバルの賑やかさがありません。
いい意味でも、悪い意味でも洗練されていない素朴なお店のイメージですね。
スペインの田舎に行けば、こういう店の雰囲気なのかな~?

住所:大阪市北区菅栄町10-11
電話:06-6358-5006
定休日:日曜日・第3月曜日
↓お勧めリンク↓

★やはりマリネは、この脂ののったサーモンが最高♪★


Sirenita (スペイン料理 / 天神橋筋六丁目、天満、扇町)
★★☆☆☆ 2.5

[ 2009/05/01 00:00 ] [B級グルメ]居酒屋 | TB(0) | CM(-)