鰻ひつまぶし しら河(名古屋浄心)

青春18切符旅本編はこちら

名古屋に来れば、必ず食べようと思っていたもの。
きしめん・・・好きやけど、こっち関西でも結構食えるもんね。
冷凍きしめんは私の冷凍庫に入ってるし。
味噌煮込みうどん・・・味噌カツ?・・・違う。

「ひつまぶし」!!そう鰻丼が大好きで、関西でも鰻丼は
あちこちで食べているが、「ひつまぶし」ってなかなかないんよね。
そんな中、名古屋名物「ひつまぶし」が結構リーズナブルに
食える店をネットで検索してて見つけた。
大抵2000円超える値段のひつまぶしがそこは1500円切っているのだ。
これは試さなきゃってことで名古屋駅を下車後、地下鉄でその店に向かった。
「しら河」である。

しかし、13時前に到着したときには店の前にはすごい人!!
sirakawa0.jpg

待ち時間を聞くと、1時間ちょっとだそうな。
この店目当てできてるのだからもちろん待つことにするが、
それまでの間にと、てくてくと歩くことにする。

02_2007tokyo.jpg

名古屋城でーす♪
20分ちょっと汗だくになって歩きながら、すこしだけ見に行きました。

それでもしばらく待って、ようやく中へ通されました。
sirakawa1.jpg

店は旧店の前に新店ができたのか、非常に中が綺麗。

店員の応対も非常に優しくて、心地よい。
また暑い中待ってたから、涼しく座れるのもね。

そして「上ひつまぶし」(1470円)を頼む。
あと量が少なくてもよかったら、ミニ(1155円)もありますし、
鰻の質をよくしたら特上(2310円)もありますよ。

5分ちょっと経って、でてきました~「ひつまぶし」(^^)
sirakawa3.jpg

でっかいお櫃に、薬味、漬物、吸茶でーす。
このセットいいですね~お櫃開けるのが楽しみ♪

このひつまぶしの食べ方はこうやって食べるのです。
sirakawa2.jpg

まずはお櫃の鰻とご飯をかき混ぜて、混ぜ混ぜします。
(うーーっピンボケ)
sirakawa4.jpg

これをそのまま茶碗に入れて食べると・・・
めーーっちゃ鰻の香ばしさとタレの甘辛さが絶妙に伝わってくる。

今度は葱と海苔をまぶして山葵をちょろっとつけると・・・
sirakawa5.jpg

これはまた味が変わりました!!!
今度はふっくら結構豪華な味わいになりましたぞい。

そして最後にほのかに香る出汁が加わった吸茶をかける。
sirakawa6.jpg

この鰻茶漬けがまたさっぱりしてて、さらさらとお腹に入る。

すごい料理ですよね、1つの食べ物をこうやって食べることで、
3種類の味を楽しめるとは。
鰻という食べ物は、もともと好きでしたけど、余計に好きになりましたね。
ここ「しら河」は味、値段、店の雰囲気すべてのバランスが最高です。
名古屋に住んでる人は、すぐにこんなん食えるとは羨ましい限りです。
また行きたいですな。

住所:名古屋市西区城西4-30-3
電話:052-524-1415 
営業時間 11:00~14:00、17:00~22:00(L.O.21:30)
定休日 無休(年末年始休)

[ 2007/09/01 09:21 ] [B級グルメ]和食/寿司 | TB(0) | CM(-)