もつ煮込み ふじ井(大阪ミナミ道頓堀)

ミナミに美味しい「もつ煮込み」を出す店があるという
評判は聞いていた。
そしてなにが配合されているかわからない特製「ハイボール」が、
3杯も飲むと酔っ払いを増殖させるとのこと。
ネットで検索すると店の雰囲気もなかなかよく、
この値段で美味しくてとなると、行きたい店ナンバー1になっていました。
ようやく待望の「ふじ井」です。

もう入り口から見てくださいな。
fujii0.jpg

いかにも割烹小料理屋って風情ですね。
また、中に入っても、カウンターのみの落ち着いた風情。
和服を着られた店員さんが応対してくれます。
この値段で、この風情ってアンバランスさが素晴らしい。

しかし店舗の規模から、あまり人数は入れないので、
19時前に着いた時点では既に満席・・・少し待ちました。

席について、まずはビールを頼むと、店員さんが、
「まずは煮込み2つですか?」と聞いてくる。
ん?別に1つでもいいぞって思いつつ、2人やし、まあ食べられるよなと
「じゃ2つで」と応える。

これが「もつ煮込み」(330円)・・・
fujii1.jpg

あれれ?めっちゃ小さい・・・
小さなもつが6,7個、ちっちゃい小皿に盛られている。
最初、これは付け出し?って思いましたもん。
まあ、この値段やから、なるほどねと、1かけら摘む。
うんうん、あっさりした味付けで、これは美味しい(^^)
しかし、ビール1本飲む前に、こんなのすぐになくなってしまうぞ。
で更に、もう一皿追加しましたよ~

他にも串焼き(以下写真)、タンシチュー、潜水艦(テールスープ)
なんぞを頼みましたが、どれも量が少なかった・・・
fujii2.jpg

そして、これが悪魔の飲み物と云われる「ハイボール」
fujii3.jpg

私の飲んだ感じでは「モスコミュール」に似ていました。
ただ、かなり甘めでぐいぐいいけそうな感じですけど、
そのアルコール度数の高さは感じます。
かなり度数の高い「ウォッカ」か「焼酎」が使われていると
思うんですけどね~それに「ウィスキー」か「ブランデー」も
少量配合されているか。「電気ブラン」も考えられるな。

全然、お腹いっぱいになりませんでした。
量が少ないので、注文を重ねなければならないですから、
やはりそれなりの値段は叩き出します。
そうするとここを2軒目に使うって手も考えましたが、
21時で営業終わりますからね・・・使えね~
それに土日祝が休みなので、仕事終わりにしか行けない。
やっぱり使えね~
確かに美味しいのは美味しいので、2杯2品くらいで
1軒目で満足できる方にはいいでしょう。
あと、ちょっと大きめの声の談笑もできない雰囲気ですからご注意を。

住所:大阪市中央区道頓堀2-4-13 藤ビルディング
電話:06-6211-2002
営業時間:17:30~21:00
定休日:土日祝
↓お勧めリンク↓

とろとろモツ煮込み(130g×3パック)


[ 2007/08/15 00:52 ] [B級グルメ]居酒屋 | TB(0) | CM(-)