沖縄料理 やまねこ(大阪大正)

「クラスノ」を出て、「火の来間」をやり過ごした後、
ここ大正では、もう1件頭の中にインプットしていたデータがありました。
うちのブログにコメントを寄せてくださる「なかゆくい酩酊帖」のなかゆくいさんが、
ここの「ソーミンチャンプル」は大阪一だとの記事を覚えていましたからね。
それがここ「やまねこ」です。

yamaneko0.jpg

なかゆくいさんとはうちにコメント寄せてくださったり、また酩酊帖の記事を読んだり
しているうちに、味覚の好みが結構似ているなって思ってたのです。
なので、そのなかゆくいさんが言うとこなら間違いはないだろうと突入~

しかし、21時半をちょっと廻ってるにも関わらず、店は満席状態。
ここって予約必至の店なんですね~
そんな中、座敷の相席でもいいですかってことで中に入れてもらえました。
私は「泡盛」(500円)をロックで、連れは「シークワーサ割」(400円)を頼む。
yamaneko1.jpg

隣に写ってるのは、付きだしです。ジーマミ豆腐(ピーナッツ豆腐)。
これはこれで、ええ泡盛のアテですなあ。

ここで、我らのテーブルに相席の方が登場。
仕事終わりのサラリーマンお二方だ、私よりは10歳から15歳くらい年配であろうか。
どうやらこのお店は、我々と同じく、初体験のようである。

その間に、私らは「ソーミンチャンプル」(600円)と「ソーキそば」(700円)を注文。
そしたら、お二方の1人が私に話しかけてきた。
「この店にはよく来られるんですか?」
「いえ、初めてです、ネットでおいしいとの情報を得たので来てみました。」
そんな話から始まり、大阪グルメに関して大いに盛り上がりました。
その日は大阪ドームに野球観戦に来られていたそうです、

あ、話戻しますね。
これが「ソーミンチャンプル」です。
yamaneko2.jpg

結構、量があります。
さて一口・・・これは旨いわ。
沖縄塩がほどよく効いていて、泡盛ロックのアテにちょうどいい。
焼きビーフンをもっとあっさりしたような感じである。

そして「ソーキそば」。
yamaneko3.jpg

これもまたさすがのお味でした。
麺はラーメンよりうどんに感じは似てますね。

ただ・・・私が相席の方とのおしゃべりに興じてる間に、連れが全部食ってしまったんですよ。
これだけ量あったのに1人でぺろりです。
私は各味見だけの2口しか食べとらんぞ・・・
ちーっとは残してくれよ~これでワリカンじゃ堪らんぞい。
これだけ旨いもん非常にがっかりしました。
「旨いもんがあれば、それを食ってから他を興じろ」
この格言を肝に銘じます。

おあいそは合計2900円でした。
1人1500円のワリカンです・・・・

住所:大阪市大正区三軒家東1-4-6

やまねこ (沖縄料理 / 大正)
★★★★ 3.5

[ 2006/07/25 11:02 ] [B級グルメ]居酒屋 | TB(0) | CM(-)