立ち呑み エノキ屋酒店(大阪大国町)

酒屋併設の立ち飲みとしては、ここほど本格的なアテを出す店はないでしょう。
大国町にある「エノキ屋酒店」です。

enokiya0.jpg

まあ、まずメニューをご覧くださいな。
enokiya1.jpg

立ち飲みとしては値段高めですよね~
その分、きちんとしたもん食わせてくれるという自信が俺には感じられました。
このメニューもその日の仕入れで若干変わってくるようです。
特にマスターが高知出身ということで、高知から送られてくる魚介類が旨いようです。

私は、生中(380円)とここの一番の名物である「鯛のたたき」(500円)を注文。
瓶ビール大も380円とは嬉しい値段だ。
enokiya2.jpg

ここの鯛のたたきが珍しいのは、写真からも分かりますよね。
そう、ツケダレが自家製のにんにくダレなんですよ。
これにつけて、鯛のたたきを食らう。
鯛もうまいし、にんにくダレも非常に旨い。
ただ、私にはこの組み合わせはミスマッチに思えました。
鯛にはそれこそ、ネギ+旭ポンズにつけて食えば、こりゃ絶品って唸ったであろう。
またにんにくダレは、カツオのたたきで食べてみたかった。
ちょっと脂ののった魚が合いそうである、寒ブリとかもええかもしれへん。

さてもう1杯、ここは焼酎もええのをいっぱいおいてある。
その中でも私の大好きな北海道のしそ焼酎「鍛高譚(タンタカタン)」(330円)が
おいてあるではないか!
これをロックでもらう。
enokiya3.jpg

他、芋焼酎ではなんと「なかむら」430円!信じられない値段ですね。
他「一刻者」380円、「いも神」350円
一番安い麦では「一番札」(250円)ってな値段です。
さすが酒屋の呑み屋値段って感じですね。

そしてアテの追加は「かますの自家製一夜干し(半身)」(350円)を。
enokiya4.jpg

やはり焼酎には焼き魚が合いますな~
塩具合が絶妙なカマスである。

次来たときは絶対、本場土佐の「かつおのたたき」食ってみたいですね~
私が次の話をしてるってことで、この店の実力はお分かりかと思います。
立ち飲みとして、1件目にしたくない、2,3件目に廻ってきて、
焼酎とそして旨いアテに舌鼓を打ちたいですな。

[ 2006/07/22 13:33 ] [B級グルメ]立ち呑み | TB(1) | CM(-)