北海道B級グルメ温泉紀行1日目(大阪~舞鶴)

こちらの北海道記事は、写真付きで移動しました。
北海道B級グルメ温泉紀行

2005/8/27(土)1日目

さあ第1日目!
長年親しんできた愛車GTOとの最後の長旅である。
10年間での最後の思い出として選んだ北海道旅行・・・
ノートラブルで最後まで走ってくれることを願う。

夜21:15、仕事の引き継ぎ終了後、すぐに新日本海フェリー発着場「舞鶴」に向かう。
中国、舞鶴若狭自動車道ともに、車の量はがらがら。
安全運転をこの旅では心掛けるつもりなので、
いつもなら高速だと120km出してるが、100kmほどのクルージング。
しかし意外に早く、舞鶴まで1時間45分ほどで着いた。

朝食バイキングの前売り券をターミナルで買い、
この初一人旅の門出をどきどきしながら、フェリーに乗り込む車の列にGTOを並ばせる。
こういう自由気ままな1人長期旅は私は初めてだ。
その上ずった気持ちを、連れにメールを書くことで気を紛らわす。
[ 2006/05/11 01:11 ] [B級旅行・温泉]2005夏北海道. | TB(0) | CM(-)

銭湯 入船温泉(大阪西成萩之茶屋)

西成で飲んだ後、ちょっと休憩にスパワールドを利用しようと思っていたが、
その道中に銭湯を発見してしまった。
こっちの方が安く済むし、こっちにしよかと選んだのが、「入船温泉」である。

390円を券売機で買い、入湯。
いやーこれぞ街中の銭湯って雰囲気ですな。

で、ここ脱衣場で珍しいものがある、一週間天気予報の電光掲示板だ。
なるほど~日雇いで外で働くからには、いつ仕事入れようかっていうのに
重宝するわけですな。さすがは釜が崎。

浴室は非常に明るくて、天井が高いです。
まず露天風呂を発見!露天好きの俺はまずここへ入ってみる。
しかーし、上に窓があるだけではないですか・・・
それに湯の温度が非常に熱い!こりゃ43度はあるでしょうね。
ここのお風呂はどこもこの温度でした。

あと内湯は、主浴槽にジェット風呂に電気風呂と一通りは揃ってある。
それに水風呂・・・だがサウナがありゃしまへんがな。

で色々、見て廻ってきたが、何かがないんですな~
俺はもう入ったときから、こればっかり探してたんですけどね。
ここは「入船温泉」ですよね?「温泉」ですよね?
そう、成分表はどこかいな?ってずっと探していたんです。
しかしない!どこにもない。
帰ってからサイトを確認してもない!

ちゅうわけで、ここは単なる銭湯ですな。
なら、「入船湯」とか、そういう名前にしといたらええのに。
今の世の中、温泉に関しては、色々詐称問題でうるさいですからな~
まあ昔からその名前で、温泉かどうかなんて、関係ない人間ばっかり
入りにきてるから、問題ないんでしょう。

つくづく阪神間銭湯の質のよさを実感できました。
同じ値段で、濃い~温泉に情緒ある露天を体験できますよ。
「戎湯」「クア武庫川」「双葉温泉」・・・どれもいいお湯です。
あと温泉ではないが、340円でサウナ付き、露天も広く、湯の種類も豊富な
「三興湯」とかですね。
温泉・風呂好きの方は是非こういうとこ巡ってくださいな。

話は逸れましたが、ま、地元住人にとっては「入船温泉」は必要な銭湯ですね。
まあ、私はここに390円出すなら、スパワールド1000円キャンペーンの方が、
遥かに価値があると思いますが。。。