炭火・立呑処 まさいち屋(大阪天満)

天満の立ち飲みストリートの中でも、ここは韓国系料理を扱っている。
「まさいち屋」だ。

masaitiya0.jpg

メニューは見てのとおり・・・
masaitiya1.jpg

ってぼやけてるやん!すいません、酔っ払いなもんで・・・
ちょっと説明すると、上段は韓国焼肉がリーズナブルな値段・・・
ホルモンの色んな部位があります。値段は300円台。
カルビだけ500円です。

そして、ここ「まさいち屋」のもう一つの売りは、
下段の海鮮類の安さである。
生うに350円、トラフグてっさ350円など信じられない値段・・

まずは入って、ビールはしこたま飲んできた後だったので、
酎ハイレモン(280円)を注文。
ここはなんと生中300円である、瓶ビールも350円!
この値段はうれしいですね。

さて、アテは・・・と冷ショーケースを覗く。
刺身類はやはり値段安い分、ちょっと量は少なめですね。
masaitiya2.jpg

お!「生センマイ」300円があるではないか!!
masaitiya3.jpg

海鮮物はもう食べてきた、生ホルモン好きの俺としては、まずはこれ!
コチジャンにつけて食べるコリコリ感と辛さが、
さっぱりレモン酎ハイと非常によく合う。

そして、追加でにごり酒(マッコリ)(250円)と、
上ハチノス(350円)を焼いてもらう。

これがマッコリであるが、こりゃ旨いですなあ!
masaitiya4.jpg

甘味と酸味とアルコールの調和が非常によい。
これはお気に入りに追加ですね~
今度どっか酒屋に売ってたら、買おうっと!

そして、上ハチノス。
masaitiya5.jpg

さすがに店の看板名物である、焼き物の1つだと思った。
ミノのようなコリコリ感があるが、それにアカセンの噛み応えのよさが備わっている。
こりゃ、他の肉も是非試してみたい!
タレの絡ませ具合の焼き方が絶妙なのだ!

おあいそは2杯2品1180円のはずだが30円おまけ?1150円。
ありがとうございます♪

ちょっと居ついていて思ったのだが、客はみんな顔馴染み同士みたいだ。
本当に常連さんばっかりなのであろう。
それから客層が、仕事帰りのサラリーマンばかりである。
私が帰り際、ちょっと話した50前後のスーツ姿の方が、
「兄ちゃん、おやすみなさい!」って挨拶してくれた。
すごくアットホームさが漂う酒場である。
「酒の奥田」の肉体派的立ち飲みとは、客層が違う。
この値段と、この旨さ、そりゃ、毎日通う常連がいて当然と思える店であった。
かなり、ここはレベル高いですぞ。

[ 2006/05/06 06:12 ] [B級グルメ]立ち呑み | TB(0) | CM(-)

スーパー銭湯 水春(大阪箕面)

大阪のスーパー銭湯では評判高い「水春」へ夜勤明けに行ってきました。
ここは露天が非常に充実していると聞いています。
兵庫の露天設備、ナンバー1の「湯の華廊」と比べてみようと思います。

温泉は地下1200メートルから湧き出る天然温泉。
大阪では珍しい泉質で、炭酸水素ーナトリウム(重曹・以前は重曹泉と呼んでいました)。
温泉のメッカ和歌山県の山間部でよく出ている泉質です。

以下、湯の種類をご紹介します。
● 変わり風呂
● 漢方薬草サウナ
● リラクゼーションバス
● ジェットバス
● 寝転び湯
● ぬる湯
● シェイプアップバス
● スーパージェットバス
● 座マッサージ
● 冷水風呂
● タワーサウナ
● 白湯
● ツボ湯
● 電気ツボ湯
● 岩風呂
● 腰掛湯
● 桧風呂

suisyun1.jpg

入ってまず、熱いのが苦手な俺は「ぬる湯」に浸かる。
ここの温度は39度ちょっとなんで、体に心地よい・・・
ただ、内湯はどれも温泉ではないので、温泉を探してみる。
と思ったら、「変わり風呂」なるものを見つけた。
このときは「絹湯」と言ってプロテインのお風呂らしい、どんな効能があるかしらんが
(まあしっとりするんでしょうな)、とりあえず興味があってそこに浸かってみる。

で・・・そうそう温泉!やっぱ外やんねと出るとこれまた広い露天ですなあ。
これは否が応でも期待値が上昇する。
季節は2月・・・
とりあえず、外を歩き回るには寒いので、身近にあった「ツボ湯」で体をあっためて散策。
どうやら源泉掛け流しは1箇所のみらしい。

そこのお湯に浸かるがこれが外の外気が寒すぎるのか、ぬるい・・・
俺みたいなぬる目好きが長湯するにはちょうどいいが、熱いのが好きな人間には、
なんじゃこれ?であろう。(ただこれは寒い冬の話なんで、他の季節は分かりません)
ただ、そこから流れ出る循環の岩風呂温泉はかなり熱かった。
こっちは循環時に加温しているのであろう。

他によかったのは「漢方薬草サウナ」、スチームサウナに漢方の香りが漂っているのだが、
これはいかにも体によさげって感じで気に入ってしまった。

また、他の露天設備もその売りが分かるくらいに充実感があります。
結果、「湯の華廊」と比べると、総合設備面で「水春」の勝ちでしょうか。
温泉の質自体は「湯の華廊」の方が上です。
ただ「湯の華廊」は内湯がちょっと貧弱さがあるのに対し、
変わり湯などをもつ「水春」はいいですね。

それから湯からあがったあとに、ゆったり無料でできる「大座敷」が水春はいいです。
ごろりと寝そべったりできますから。

温泉の質にこだわる方には不満があるかもしれませんが、
スーパー銭湯としての設備面を見ると、かなり高いレベルにあると思います。