ホテル浦島 温泉施設(和歌山勝浦)

「ホテル浦島」で特筆すべきはなんと言っても、その温泉施設の充実さであろう。
その広い敷地内に6つのお湯を巡ることができる。
(プラス山上館にも山上館宿泊者専用の遥峯の湯)

その中でも、一番の目玉は大洞窟温泉「忘帰洞」であろう。
urashimaonsen1.jpg

海際と洞窟風呂が大好きな俺は、これは非常に楽しみにしていた。
少し硫黄臭が漂う白濁したそのお湯に浸かると、少々荒れ気味の太平洋が目の前である。
この雰囲気が非常によい。
urashimaonsen2.jpg

また、朝晩で男女入れ替えとなるので、夕方入って、朝入ってで違う景色が眺められる。

それともう一つ、洞窟風呂としては「玄武洞」があるが、ここはこじんまりしてる分、
俺はこっちの方が気に入った。
それに波打ち際まで行こうと思ったら、こちらの方が波に近いのである。
早朝、大荒れに荒れた雨の海にはさすがに近寄れない、不気味な怖さがあったが、
天気のいい日に朝入ったら、格別に気持ちいいだろうと思った。
次回はそういう時に、入りたいと思います。

あと露天としては、なぎさ館の露天があり、こちらは勝浦の港方面に面しており、
海は穏やかで静かです。
urashimaonsen4.jpg

そして今回、雨で利用できなかったのだが山上館にも露天があります。

あとは内湯が2つありますが、あまり特筆するようなことはなかったですね。
ただ、その硫黄臭からもよき温泉の情緒たっぷりです。

そして最後、山上館宿泊者専用「遥峯の湯」である。
urashimaonsen3.jpg

ここは、チェックイン後にすぐに訪れたのだが、内湯で非常に眺めがいいのだ。
また早い時間だったんで、人も少なかったのでゆったりできた。
それにここだけ、他の誰でも入れる風呂と違い、炭シャンプーやトリートメントがおいてある。
これって結構高いんですよね。
本館料金でここまでしてもらえてええの?ってな感じです。

山上館露天に雨で入れなかったのは残念ですが、温泉施設としては、
やはりこのホテルは最高だと思いました。
また次回優待価格の際に、今年中にもう一度利用したいと思います。

(本編へ)
(施設編へ)
(朝食編へ)