大阪 新世界探訪(前編)やまとや2号店

新世界の居酒屋チェーン店「やまと屋」の料金をあちこち回って確認するが結構高い・・・
生中1杯450円とは・・・いくら2杯で生小1杯サービスといっても、
普段300円の安酒飲んでる俺には、さすがにどうしようか躊躇してしまう。
昼12時過ぎ、「たつ屋」をちらっと覗いてみると、2人ほどもう入っているようだ。
しかし新世界初体験の私にはそのディープな雰囲気にさすがに入るのは躊躇してしまう。

yamato2.jpg

そこでまずは入りやすそうな「やまと屋2号店」でデビューしようとその暖簾をくぐってみる。
入って生中(450円)と名物「どて焼き」(300円)と、大好物「生レバー」(600円)を注文。
注文後、すぐにカウンターのテーブルにモノが到着・・・熱いうちにと「どて焼き」をほうばる。
うん、白味噌で煮込んだ味付けがホルモン好きの私にはたまらなくうまい。
ビールをぐびぐびと流し込んでいく。
「生レバー」はしょうがとネギとおろしにんにくが添えられていてゴマ油につけられている。
おばちゃんが塩ふってお召し上がりくださいってことなので言うとおりに、さっさと塩をふり、
どて焼き食うのに落ち着いたところで、ひとつまみ・・・
なかなか新鮮やないかいな。
さすがに一切前日のものを出さないと謳ってる店だけあると思った。
店の中のお品書きはざっと見て100品以上の数のアテが書かれてある。
これを見ているだけで楽しい。

この2品だけで最初の生中がなくなった・・・そこで次の生中を注文。
いったいサービスの生小はいつ出てくるんやろと思っていたら、
その生中にセットで小さいジョッキにビールが運ばれてきた。
なるほどね、そういうシステムやったか。
そうこうしているうちにアテがのうなったので、
鉄火巻き(250円)とあじ唐揚げ(300円)を注文。
これも値段の割りになかなかいけるわ、すっかりこの店が気に入ってしまった。
店員もシャキッとしていて気持ちがいい。
残りの生小、生中もあっという間になくなり、
追加で酎ハイライム(300円)を注文。
以上でこの店を後にすることにする。
合計のおあいそは2350円・・・なんかすごく安いとおもったら普通どこでもつく
「付き出し」を料金に入れてないんやね。
これだけ飲んで食ってこの値段はさすがに最初見た値段からしたらかなり割安やんと思う。

「二度漬け禁止!」 通天閣串カツ&どて焼きセット
「二度漬け禁止!」 通天閣串カツ&どて焼きセット


この続きはこちらです。
[ 2005/03/22 21:06 ] [B級グルメ]居酒屋 | TB(0) | CM(2)