1980年代中期の最強コンビ!ウィリアムズ・ホンダ FW10(1985年)ケケ・ロズベルグ/ナイジェル・マンセル

この年もまだ、私はF1に興味なんてこれっぽっちもなかった年でした。
時代は1985年となります。
ホンダF1第二期はエンジン供給のみでのF1参戦でしたが、
この年で3年目・・・非常に円熟味を増したV6ターボエンジンを編み出します。
そしてウィリアムズの智将「パトリック・ヘッド」が制作したシャシーとも、
うまく噛みあいますね。
「ウィリアムズ・ホンダ FW10」を今回ご紹介します。

1980年代中期の最強コンビ!ウィリアムズ・ホンダ FW10(1985年)ケケ・ロズベルグ/ナイジェル・マンセル

このカラーリングはF1ブーム初期の頃、よく観戦されてた方はお馴染みですね。
この年、日本の会社「キャノン」がメインスポンサーとなって、
以降1993年までは、ウィリアムズはこのカラーリングでした。

この年のドライバーは、ケケ・ロズベルグとナイジェル・マンセル。
マンセルが初優勝を成し遂げたマシンが、このFW10なんですよね。
後々マンセルは、1992年にFW14Bで圧倒的な強さを見せつける訳ですが、
初優勝は同じウィリアムズのマシンやったんですよ。

この年、コンストラクターズ3位に入ったウィリアムズですが、
この時、ロータスでドライビングしていたセナが、
ホンダエンジンの圧倒的なパワーを見せつけられて、
ホンダエンジンを自身のチームが獲得するように熱望します。
そして1987年にはロータスはホンダエンジンを獲得、
その後1988年以降はマクラーレンに移籍して、
ホンダの申し子と呼ばれることとなります。

マンセル、セナ、そしてプロストと言えば、
1980年代後半のF1を支えたトップドライバーですけど、
全員がホンダエンジンの車に乗ってるんですよね。
ホンダの車が世界を席巻するきっかけは、
F1のこの時代があったからこそと言って、過言ではないと思います。

↓お勧めリンク↓

全国B級グルメツーリング
[ 2016/04/02 00:00 ] [車・F1]F1 | TB(0) | CM(-)

開幕6連勝を含む11戦9勝の歴代最強のF2マシン ラルトホンダ[RALT HONDA RH-6-84]マイク・サックウェル/ロベルト・モレノ(1984年)

1983年に、F1へ再び参戦し、第二期F1シーズンを迎えたホンダ。
この時期のホンダエンジンの強さは、
F1史上最強エンジンと言ってもええくらいに、強力でした。

そして欧州F2には、既に参戦しており、
1981年、参戦2年目でタイトルを獲得しております。
1980年代のホンダエンジンのパワーは、F1、F2通じて、
今でも欧州のモータスポーツファンには語り草になっているんだとか。

そんな中、1984年の欧州F2選手権で使われたマシンがこちら。
開幕6連勝を含む11戦9勝の歴代最強のF2マシン ラルトホンダ[RALT HONDA RH-6-84]マイク・サックウェル/ロベルト・モレノ(1984年)

ラルト・ホンダ(RALT HONDA RH-6-84)です。
このマシンは、開幕6連勝を含む11戦9勝というとんでもない強さを見せました。

そして、このマシンをドライブしたのは、往年のF1ファンなら誰でもご存知。
ロベルト・モレノです。
鈴木亜久里が表彰台に立った日本GPで、ベネトンでピケと1-2になり、
翌年のレギュラーシートを獲得しましたね。
あの特徴ある頭(ハゲとは言わない^^)と、
元からダメなマシンでも速さを見せてくれるドライバーでした。

しかしその翌年はミハエル・シューマッハの台頭で、チームを負われ、
F1で成功を収めたとは言えない成績でした。
実力がありながら、スポンサー、チームに恵まれませんでしたね。

このマシン自体、ほとんど私は知りませんので、モレノの話になりましたが、
モレノを見ると、つくづく、運も実力のうちって思いますよ。

↓お勧めリンク↓

全国B級グルメツーリング
[ 2016/03/19 00:00 ] [車・F1]F1 | TB(0) | CM(-)

ホンダ第一期悲劇の事故死を生み出したRA302の前型「HONDA RA301」ジョン・サーティース(1968年)

ホンダ第一期のF1マシン特集はこれで最後となります。
1968年のこのマシンですが、無冠の最強マシンと呼ばれていますね。
「HONDA RA301」を今回、ご紹介いたします。

ホンダ第一期悲劇の事故死を生み出したRA302の前型「HONDA RA301」ジョン・サーティース(1968年)

このマシンの形状を見て分かるとおり、シャシーが非常に工夫されています。
フロント部分の形状と、背の高いリアウィング。
空力としては、非常に革新的なマシンでした。

しかし、このシャシーはホンダの製作ではありません。
前年度と同じく、イギリスのシャシー会社「ローラ」製作です。
ですので、海外ではローラ・ホンダT180とも呼ばれております。

しかし、このマシンは非常に速かったんですよね。
シーズン前は、この年のチャンピオン候補にもなったくらいです。
しかしマシントラブルによるリタイヤが多く、
ポール1回、決勝最高2位という結果でした。

ただ、この次のRA302(シャシーも自社制作できてました)は、
既に開発されて実戦投入できる状態でした。
しかし、安全面での問題から、当時のレース監督「中村良夫」は、
このマシンを走らせることを拒否するんですよ。
しかし、ホンダ・フランスの政治的な圧力により、
結局このマシンは走らせることになります。
ドライバーは、フランス人のジョー・シュレッサー。

しかし、マシンはコントロールを失い、スピンアウト。
マシンは炎上して、ジョー・シュレッサーは帰らぬ人となります。

この事故の影響もあってか、ホンダはこの年でF1から撤退。
シャシー製作も含めたホンダの挑戦は、2006年まで期間が開くこととなります。

↓お勧めリンク↓

全国B級グルメツーリング
[ 2016/02/27 00:00 ] [車・F1]F1 | TB(0) | CM(-)